舞浜新聞

東京ディズニーリゾートなどのディズニーパークをはじめとして、ディズニーに関する様々な情報をお伝えします。



東京ディズニーリゾートの分析・考察

新型コロナウイルス(COVID-19)が、東京ディズニーリゾートと海外パークへ与えた影響とは?

記事内容は随時更新していますが、一部古い情報が含まれている可能性があります。 2020年2月28日、オリエンタルランドは、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2月29日から、東京ディズニーランド・東京ディズニーシー両パークを「臨時休園」にすること…

最大9,400円に!東京ディズニーリゾートは、なぜチケット値上げに踏み切ったのか

9月24日、オリエンタルランドは、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのチケット価格を、10月1日から変更すると発表しました。東京ディズニーリゾートでは、2021年3月から入園日によって料金が異なる「変動価格制」を導入しており、今回はその内容を見…

TDL「ミッキーのマジカルミュージックワールド」は海外パークに負けないショーなのか?

2021年4月1日、東京ディズニーランドにある「ファンタジーランド・フォレストシアター」で、新しいショー「ミッキーのマジカルミュージックワールド」が公演を開始しました。 東京ディズニーランド(R) ミッキーのマジカルミュージックワールド アーティスト:…

浦安市内で初めて! TDL駐車場の地下トンネルは何のために作られたの?

2021年4月8日、東京ディズニーランドの駐車場に地下トンネル(アンダーパス)が開通しました。一見すると普通の道路なのですが、実はこれ浦安市内で初めてのトンネルなのです。そんな話題性もあって、メディアではこのトンネルが大きく取り上げられました。 …

東京ディズニーリゾート「年間パスポート廃止」は何をもたらすのか

2021年3月23日、舞浜新聞は誕生から8周年を迎えました。これもひとえに、日頃から愛読してくださる、読者の皆様のおかげだと思っています。本当にありがとうございます。 新型コロナウイルスの流行は拡大しており、東京ディズニーリゾートをめぐる状況は日々…

発生から10年 東日本大震災が東京ディズニーリゾートに与えた影響について考える

2011年3月11日、東北地方の太平洋沖を震源として「東日本大震災」が発生しました。最大震度7、地震の規模を示すマグニチュードは9.0で、観測史上最大を記録。福島第一原子力発電所では大規模な事故が発生するなど、日本は戦後最悪の自然災害に見舞われました…

「福岡にミニディズニーランド!?」リーマンショックで消えた幻の計画を追う

今から13年前の2008年元日、福岡市に本社がある西日本新聞の朝刊一面に、こんな見出しが躍りました。 「ディズニー、福岡進出へ」当時はディズニーファンの間で大きな話題になりましたが、その後計画は白紙撤回に。今では記憶に残っている方は少ないと思いま…

TDR「トイ・ストーリー・ホテル」は、舞浜ホテル戦争の火種になるのか

新型コロナウイルスの流行が、再拡大する中でスタートした2021年。本来であれば、東京ディズニーランドの新エリア開業と東京五輪で、東京ディズニーリゾートには国内外から多くのゲストが訪れるはずでした。しかし、感染症によって集客もままならない状態が…

元日特集 ポストコロナ時代を東京ディズニーリゾートはどのように生き抜くのか?

新年明けましておめでとうございます。2013年にスタートした当ブログも、今年3月で8周年を迎えます。これだけ長く続いているのも、日頃から愛読してくださる皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。 昨年2020年は、新型コロナウイルス(COVID-19)…

脱プラスチックへ!東京ディズニーリゾートの買い物袋「有料化」について考える

この記事はディズニー関連ブログ Advent Calendar 2020 - Adventarに参加しています。 2020年10月1日、東京ディズニーリゾートは、これまで無料で配布してきた買い物袋(お土産袋/ショッパー)を有料化しました。 www.nikkei.com いつも何気なく見ているパ…

「過去最大の赤字」で大丈夫なの?オリエンタルランド2020年度1Q決算を読み解く

7月30日、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、2020年度の第1四半期(4月~6月)の決算を発表しました。今回は新型コロナウイルスの影響を受けて、最終損益が過去最大のマイナス248億円となるなど、非常に厳しい結果となりました。 www.n…

舞浜駅のホームが拡張へ!JR京葉線に秘められた壮大な計画とは?

JR東日本の千葉支社は3月25日、東京ディズニーリゾートの最寄り駅である、京葉線舞浜駅のホームを延伸すると発表しました。完成は2022年春ごろを予定しています。 今回はJR東日本が舞浜駅の工事を決めた理由、そして京葉線に秘められた壮大な計画について、…

「ミッキーの家」1日限定ファストパスは、舞浜の未来を変える?

11月18日は、ミッキーマウスとミニーマウスのスクリーンデビュー記念日です。一般的には2人の誕生日ということで、様々なイベントが行われたり、グッズが販売されたりしていますね。 世界的な大スターの2人をお祝いしようと、多くのゲストが東京ディズニーリ…

いよいよ金属探知機も導入! 東京ディズニーリゾートに手荷物検査がある理由

11月1日、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドは、保安体制を強化するため、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのエントランスへ、金属探知ゲートとX線検査機を導入することを発表しました。 www.nikkei.com 翌日の2日朝には東京ディ…

東京ディズニーリゾートの2020年度スケジュールを読み解く

(2021年1月8日更新)新型コロナウイルスの流行に伴い、2020年度のすべてのスペシャルイベント、年越しイベントは中止が決定しています。なお「ハッピーフェア・ウィズ・ベイマックス」は、延期での開催が予定されています。 9月26日、オリエンタルランドは…

舞浜へのアクセスが変わる?「第二東京湾岸道路」計画を考える

東京ディズニーリゾートを訪れるとき、皆さんはどんな交通手段を使うでしょうか。家族連れであれば、車を使う方も多いと思います。そのとき通るのが、首都高速湾岸線や国道357号線(東京湾岸道路)ですよね。 東京ディズニーリゾートから帰る車で混雑するの…

もし大きな津波が来たら、東京ディズニーリゾートは大丈夫なの?

東京湾にせり出すように立つ東京ディズニーリゾート。もともとは、遠浅の海を埋め立ててつくられた土地のため、パークから海までは、一番近いところで約100mほどしかありません。 東京ディズニーリゾート周辺の衛星写真(Googleマップ) これほど海に近いと…

ワインセットにファン激怒!? TDSスプリングフードフェア騒動について考える

2019年5月24日~26日まで、東京ディズニーシーで「スプリングフードフェア」というイベントが行われました。イベントの内容は、パーク内にある6か所のレストランで、3日間限定のワイン・テイスティング・セットが販売される、というもの。東京ディズニーラン…

6周年記念特集 ミッキーとミニーの顔が変わる!? ニュールック登場の軌跡とこれからを考える

2019年3月23日、舞浜新聞は誕生から6周年を迎えました。これもひとえに、日頃から愛読してくださる、読者の皆様のおかげだと思っています。本当にありがとうございます。 最近、パークファンの間で、ミッキーマウスとミニーマウスの「顔」が、大きな話題にな…

元日特集 東京ディズニーリゾートの拡張はどこまで続くのか?

新年明けましておめでとうございます。2013年にスタートした当ブログ「舞浜新聞」も、今年3月で6周年を迎えます。これだけ長く続いているのも、日頃から愛読してくださる皆さんのおかげです。本当にありがとうございます。 さて、今回は元日特集ということで…

2019年10月からスタート!消費税の軽減税率で、東京ディズニーリゾートはどう変わるの?

2019年10月から、消費税の税率が8%から10%へ引き上げられる予定です。安倍晋三首相も国会答弁などで「リーマン・ショック級の出来事が起こらない限り、基本的には引き上げる」と答えるなど、今の経済状況が続けば、予定通り実施されるでしょう。 10%への引き…

東京ディズニーリゾートの2019年度スケジュールを読み解く

9月27日、オリエンタルランドは、報道関係者向けに2019年度の東京ディズニーリゾート年間プログラムを発表しました。 それでは、オリエンタルランドから発表されたプレスリリースをもとに、舞浜新聞独自の視点で、東京ディズニーリゾートの将来像を読み解い…

今日からチケット受付開始! TDR年越し営業の仕組みが変わる理由

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーでは毎年、12月31日から1月1日にかけて、年越し特別営業「ニューイヤーズ・イヴ」を開催しています。 年越し特別営業のチケットは、事前抽選に当たったゲストと、31日から1日にかけて、パーク周辺にあるディズニー…

もし、サマータイムが導入されたら、東京ディズニーリゾートはどうなるの?

7月27日、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が、首相官邸で安倍晋三総理と面会しました。そこで森会長は、東京大会の暑さ対策として、サマータイム制度の導入を要請しました。 サマータイムとは、欧米で導入されている制度で、時計の…

TDS新レストラン「ドックサイドダイナー」から、パークの未来を考える

8月20日、東京ディズニーシーに新しいレストラン「ドックサイドダイナー」がオープンしました。 ここはもともと「セイリングデイ・ブッフェ」という食べ放題のレストランでしたが、新しくカウンターサービスに生まれ変わりました。ただ、内装はセイリングデ…

ディズニーアンバサダーホテルの「バリュータイプ化」を考える

東京ディズニーリゾートには、4つのディズニーホテルがあります。舞浜エリアにあるディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテル、そして新浦安エリアにある東京ディズニーセレブレーションホテルです。…

ついに発表!TDS大規模拡張プロジェクトに透ける、オリエンタルランドの思惑を探る

6月14日、オリエンタルランドは東京ディズニーシーの大規模拡張プロジェクトと、ディズニー社とのライセンス契約の延長について記者会見を行いました。 今回は発表された内容について、舞浜新聞独自の視点で分析していきたいと思います。 シー開業以来、最大…

東京ディズニーリゾート 入園者数と顧客満足度のジレンマを考える

今から35年前の1983年4月15日、小雨が降る中、東京ディズニーランドは開園しました。今年2018年は、開園から35年という節目を迎えます。パークでは「ハピエスト・セレブレーション」をテーマに、一年間を通してアニバーサリーイヤーをお祝いする予定です。 …

TDR年間パスポート 突然の料金改定・制度変更のねらいとは?

2月15日、オリエンタルランドは東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの年間パスポートについて、2018年3月1日から、販売価格と利用条件を変更することを発表しました。 実施日まで、わずか2週間前にせまった突然の告知には、多くのファンから疑問の声が…

毎日新聞「ディズニースカイ」報道から、東京ディズニーリゾートの未来を考える

2018年2月4日(日)の毎日新聞朝刊に、ある記事が掲載されました。 それは、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドが、パークに隣接する平面駐車場に、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーに次ぐ、新しいテーマパークを建設することで検…