読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞浜新聞

東京ディズニーリゾートなどのディズニーパークをはじめとして、ディズニーに関する様々な情報をお伝えします。



東京ディズニーシーは新しいテーマポートを作るのか?

舞浜新聞では以前、東京ディズニーランドのファンタジーランドとトゥーンタウンの拡張について、オリエンタルランドの本社移転計画と絡めながら書きました。

 

 

今回は東京ディズニーシーの拡張の可能性について、私の推測ではありますが書いていきたいと思います。あくまでも私見ですので、ご容赦ください。

 

まずは東京ディズニーシーの地図から。

 

f:id:Genppy:20130324180458p:plain

 

地図上でオレンジ色に塗った場所はロストリバーデルタの南側。現在は管理施設も全くなく、雑木林になっています。大きさはマーメイドラグーンがすっぽり入るぐらい。かなりの広さであることが分かります。

 

東京ディズニーシーは7つのテーマポートで構成されています。

  • メディテレーニアンハーバー
  • アメリカンウォーターフロント
  • ポートディスカバリー
  • ロストリバーデルタ
  • アラビアンコースト
  • マーメイドラグーン
  • ミステリアスアイランド

 

「七つの海」ということで7つだと考えられるため、東京ディズニーランドのように新しくテーマポートを追加するのは難しそうです。しかし、土地は十分にあります。テーマポートとまではいかなくても、ロストリバーデルタや対岸のポートディスカバリーと絡めたエリア開発が考えられます。

 

ただ一つ気がかりなことが。ここまでの広い土地を、なぜ開園から10年以上経った今でも、オリエンタルランドが放置しているのか、という点です。

 

開園当初、私は「ここが将来的にファインディング・ニモのエリアとして開発されるのではないか?」と考えていたのですが、タートル・トークはアメリカンウォーターフロントに作られました。シーの拡張・てこ入れは当面不要だと考えているのでしょうか?

 

ちなみに、東京ディズニーランドでテーマランドが追加されたのは、開園から9年の1992年10月1日。クリッターカントリーがオープンしました。トゥーンタウンはトゥモローランドの敷地を削って造られたので、厳密には拡張とは言えません。