読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞浜新聞

東京ディズニーリゾートなどのディズニーパークをはじめとして、ディズニーに関する様々な情報をお伝えします。



0泊3日で上海ディズニーランドへ行ってみよう!旅行記

上海

11月26日に0泊3日の弾丸日程で、上海ディズニーランドへ行ってきました。

 

現地からのTwitterによるレポートはこちらを。

 

上海ディズニーランドでは、パーク開園以来、初めてとなるクリスマスシーズンを迎えています。今回はクリスマス一色に染まる上海を訪れてみて、思ったことや感じたことをまとめていきたいと思います。

 

f:id:Genppy:20161126154245j:plain

©Disney

 

旅の日程について

今回は以下の日程で上海ディズニーランドを訪れました。

 

  • 11月25日(金)仕事を済ませて、羽田空港へ
  • 11月26日(土)東京/羽田 2:10発→(MM1079)→上海/浦東 5:00着
  • 11月27日(日)上海/浦東 1:25発→(MM1078)→東京/羽田 4:55着

 

羽田空港と上海・浦東空港を結んでいるLCCはいくつかあります。以前、上海を訪れたときは、中国のLCCである「春秋航空」を利用しました。

 

8月に訪問したときの旅行記は、こちらをどうぞ。

 

実は今年11月2日から、日本のLCCであるピーチ・アビエーションも、羽田・上海便を就航させたのです。フライトスケジュールを見てみると、金曜深夜発・日曜早朝帰国ができるようになっています。

 

f:id:Genppy:20161207223602j:plain

ピーチの時刻表。羽田・上海便は月・水・金・土・日に就航している。

 

ピーチが上海便を就航させるという情報を聞いて、私はすぐに予約してしまったのでした。しかも、幸運にも上海ディズニーランドでは、11月26日からクリスマスシーズンに入りました。本当にいいタイミングでの訪問となりました。

 

上海に5時到着、空港から上海市街地を結ぶリニアの始発は、7時となっています。今回は9時開園でしたので、リニアの始発に乗って、上海地鉄を乗り継げば、8時頃にはパークの手荷物検査場前に着きました。

 

f:id:Genppy:20161213214813j:plain

 

夜は20時閉園でしたので、20時から夜のキャッスルショー「イグナイト・ザ・ドリーム」を鑑賞してから、上海地鉄に乗れば、21時40分のリニアの終電には間に合います。

 

ただ、ちょっとギリギリの時間帯ですので、もしリニアに間に合わなければ、地鉄2号線に乗って、空港に行かなければいけません。

 

f:id:Genppy:20161126211139j:plain

リニアを使うと、空港まで10分もかからない。地鉄2号線を使うと、1時間以上はかかってしまう。

 

上海のクリスマスは、グリーティング天国!

上海ディズニーランドは、パーク開園以来、初めてのクリスマスシーズンを迎えました。

 

f:id:Genppy:20161126185326j:plain

©Disney

 

パークの中を見て回ると、東京ディズニーリゾートと同様に、大きなクリスマスツリーが飾られ、クリスマスのデコレーションが施されていました。東京や香港とはまた違った雰囲気で、クリスマスを楽しむことができます。

 

パークでは、クリスマス限定のパレードやショーはありません。その代わりに充実しているのは、クリスマス限定のコスチュームを着た、キャラクターたちとのグリーティングです。

 

ミッキーは「ミートミッキー」でグリーティングを行っているのですが、クリスマス期間中は「サンタミッキー」になっています。同様に、ミニーやドナルド、デイジー、グーフィー、プルート、それにダッフィーのグリーティングも行われています。

 

f:id:Genppy:20161126171750j:plain

「ミートミッキー」で会えるサンタミッキー。ゲスト1組ずつ、丁寧にミッキーが撮影に応じてくれる。©Disney

 

ミートミッキーにはたくさんのゲストが集まっていましたが、それでも最大で30分程度の待ち時間でした。ミニーやドナルド、デイジーなどは、雨で気温が低かったこともあり、並ぶゲストはまばらでした。

 

f:id:Genppy:20161126154514j:plain

カメラを向けると、様々なポーズをやってくれる。時間に余裕があればこそだろう。©Disney

 

香港もグリーティングが充実していますが、上海もキャラクターと触れ合いたい!という方には、ぜひおすすめしたいですね。

 

ちなみに、上海ディズニーランドホテルにある「ルミエールのキッチン」では、クリスマス限定のキャラクター・ダイニングも行われているようです。キャラクター好きの方は、こちらも要チェックですね。

 

 

上海ディズニーランドの周り方

今回は午前中に雨が降っていたこともあり、朝から気温がかなり低く、寒さが厳しい一日でした。また、風も強かったため、パーク内を歩くゲストもまばらでした。

 

f:id:Genppy:20161207232336j:plain

到着したときには、あいにくの雨模様。傘を差したゲストが、並んでいるのが分かる。©Disney

 

午前中は人気アトラクションである、ソアリンやカリブの海賊、トロンなどを押さえ、午後からはショーを見て回りました。幸いにも、15時ごろには雨も止んだため、昼のパレードや、夜の「イグナイト・ザ・ドリーム」もちゃんと見ることができました。

 

ゲストが少なかったということもあり、ファストパスを使わなくても、主要アトラクションは制覇することができました。混雑日にはなんとも言えないのですが、午前中はアトラクション、午後はショー・パレード・グリーティングという周り方で、上海ディズニーランドは十分楽しめると思います。

 

ピーチ航空、サービスはいいんだけど…

さて、今回の上海訪問では、往復ピーチ・アビエーションを利用しました。

 

f:id:Genppy:20161127051120j:plain

 

初めてピーチを利用したのですが、地上係員さんや客室乗務員さんのサービスもよく、とても快適に過ごすことができました。羽田空港、浦東空港ともに、カウンターは出発の2時間以上前から開いており、それほど長い行列で待つこともありませんでした。

 

ただ、LCCらしく、シートの間隔が狭かったのが気になりました。大柄な男性などは、いくら3時間弱のフライトとはいえ、すこし窮屈に感じると思います。できれば、手荷物は頭上の手荷物入れに入れて、シートポケットや座席の下には、荷物を入れないほうがいいと思いました。

 

お客さんの様子を見ていると、日本人の方ばかりでした。就航して間もない路線ですので、当分は中国人よりも日本人の利用のほうが多いと思います。

 

日本人の方が多いですので、機内はずっと静かでした。機内ではなかなかゆっくり休めませんが、翌日のことを考えると、できるだけ寝る方がいいでしょう。

 

ピーチは日本のLCCですので、もしものときも安心だと思います。また、上海を訪れる機会があったら、ピーチの羽田・上海便を利用したいと思います。

 

旅の費用について

それでは、今回の上海訪問の交通費を見ていくことにしましょう。

  • 行きの飛行機 9,650円(空港利用料含む)
  • 帰りの飛行機 8,400円(空港利用料含む)
  • 支払い手数料 880円(クレジットカード払い)
  • 空港とパークの往復交通費 90元(約1,490円・リニアと上海地鉄を利用)
  • 交通費合計 約20,420円

 

今回は、往復ピーチの「ハッピーピーチ」を利用しました。これは、変更やキャンセルに制約がある代わりに、安く抑えられている運賃のことです。

 

0泊3日の弾丸日程でしたので、預け入れ荷物分の手数料はかかっていません。ピーチは、すべての預け入れ手荷物に手数料がかかります。また、複数で利用した場合は、並び席確保のための「座席指定料」も別に必要になります*1。利用するときには、注意が必要でしょう。

 

ピーチの場合は、ほかのLCCと同様に、運賃が絶えず変動しています。キャンペーンによる割引運賃などもありますので、利用するときには、よく見比べてから決めるといいでしょう。

 

 

おわりに

1週間前の香港に引き続いて、上海ディズニーランドも弾丸日程での訪問となりました。

 

f:id:Genppy:20161126161917j:plain

©Disney

 

幸運にも26日当日から、上海ではクリスマスシーズンを迎えました。サンタミッキーや、かわいいコスチュームを着たキャラクターたちを見ると、本当に幸せな気持ちでいっぱいになりました。

 

f:id:Genppy:20161126162318j:plain

©Disney

 

東京ディズニーリゾートも、もちろん大好きなのですが、香港には香港の、上海には上海の良さがそれぞれあると思います。上海の魅力は、なんといってもパークの広さ、ここだけしかないアトラクションやショー、それにキャストさんのホスピタリティの高さだと思います。

 

中国のサービス業のイメージですと、基本的にぶっきらぼうで、なげやりです。しかし、パーク内のキャストさんは、気配りも上手で、私たちゲストへの気遣いも素晴らしいです。もちろん、東京と比べるとまだまだなところがありますが、サービスレベルはかなり高いと思います。

 

まだ、上海ディズニーランドを訪れたことがない方は、ぜひLCCを使って、訪れてみることをおすすめします。「百聞は一見に如かず」ですよ。

 

よもやま話

上海ディズニーランドのパーク内では、無料でWi-Fiを利用することができます。以前は中国国内の携帯電話だけだったのですが、今回調べてみると、日本の携帯電話でも利用することができました。

 

パーク内のWi-Fiに接続して、「Safari」などのブラウザを開くと、自動的に電話番号を入力する画面が出てきます。ここで、日本の国番号81と、一番最初の0を抜いた電話番号を入力すると、ショートメールが送られてきます。このメールに書かれている暗証番号を打ち込むと、インターネットが使えるようになります。

 

ただし、中国国内ですので、LINEやtwitter、facebook、googleなどのサービスは一切利用できません。

 

もし、中国国内でもSNSなどのサービスを利用する場合は、VPNサービスを利用するか、香港の通信網を経由するSIMカードなどが必要です。私は8月にもお世話になった、中国聯通香港のSIMカードを今回も使いました。

 

 

上海ディズニーランドのコインロッカーは、東京とは違って、1日出し入れが自由になっています。大きいサイズは70元、小さいサイズは50元です。100元札は使えませんので、ご注意下さい。ロッカーにはキャストさんがいますので、分からなかったら聞くこともできますよ。

 

8月に上海を訪れたときには、日本製のお菓子が売られていました。今回、ショップを見て回ったのですが、すべて中国の現地工場でつくられたものだけになっていました。

 

日系企業では、江崎グリコ(格力高)、ユーハイム(尤海姆)、ブルボン(波路梦)、森永製菓(森永)、亀田製菓(亀田)などの商品が売られています。ちなみに、森永は上海ディズニーランド限定のハイチュウ(嗨啾)を出荷していますよ。

 

中国の空港では、出国審査の後に保安検査があります。今回、遅い時間帯に利用したのですが、保安検査場がかなりの混雑でした。帰りの便では、余裕を持って並ぶことをおすすめします。

 

今回も空港と上海市街地の往復に、リニア(Maglev/磁浮)を利用しました。当日使用した航空券を提示すると、50元から40元に割引してくれます。なお、交通カード(交通卡)でも、40元で乗ることができます。ちなみに、往復チケット(7日間有効)は80元です。

 

こちらの記事もどうぞ

*1:「ハッピーピーチ」より少し割高な「ハッピーピーチプラス」は、預け入れ手荷物1個無料、座席指定も無料になっています。