舞浜新聞

東京ディズニーリゾートなどのディズニーパークをはじめとして、ディズニーに関する様々な情報をお伝えします。



0泊3日で香港ディズニーのイースターイベントへ行ってみよう!旅行記

現在、季節イベント「カーニバル・オブ・スターズ」が開催中の香港ディズニーランド。3月7日から始まった春の「スプリングタイム・カーニバル」では、パークがイースター一色に染まっています。

 

 

今回は春イベントに合わせて、0泊3日という弾丸日程でパークの雰囲気を感じてきました。それでは、私の体験や感じたことを中心にご紹介したいと思います。

 

オンラインチェックインもあるけど…

旅の始まりは、羽田空港からでした。今回は日本各地と香港を結ぶLCC「香港エクスプレス」を利用しました。大手航空会社も、羽田と香港を結ぶ深夜・早朝便を飛ばしているのですが、やはり安さが決め手でしたね。不定期にセールも行っていますので、かなり費用を抑えることができました。

 

 

 

香港エクスプレスでは、出発48時間前~75分前まで、ウェブでチェックインをすることができます。しかし、様々な方のブログを読んでいると「手荷物を預けないなら、直接搭乗口へ行ける」という方もいれば「事前チェックインをしても、カウンターで搭乗券を受け取る必要がある」という方もいました*1

 

今回は預ける手荷物もなかったのですが、事前にチェックインをして、再度空港のカウンターへ寄ることにしました。これからチェックインする方と、並ぶ列が分かれていましたので、スムーズに手続きをすることができました。今後機会がありましたら、公式アプリなども使ってみようと思います。

 

チェックインが終わり、保安検査と出国検査を終えた私は、空港内にあるカードラウンジ「SKY LOUNGE」へ向かいました。私が入れるラウンジは、中央と北に2か所あります。中央はターミナルの中心にあるため行きやすいのですが、席数が少なく、混雑しやすいのが難点です。今回は搭乗口が北側でしたので、北のラウンジを利用しました。

 

 

ここは飛行機を眺めることもできますし、カウンター席やソファーなども充実しています。新聞・雑誌に加えて、温かい・冷たいソフトドリンクも用意されていますので、待ち時間を快適に過ごすことができました。なお、別料金ですが、アルコールメニューもあります。対象のクレジットカードを持っていなくても、有料で入ることもできます。

 

f:id:Genppy:20190315230708j:plain

 

ラウンジでゆっくりしていると、いよいよ搭乗の時間です。香港エクスプレスの羽田・香港便では、エアバスのA321が使われています。胴長で座席数も多いのですが、満席で出発しました。日本人よりも海外のお客さんが多い印象でしたね。

 

f:id:Genppy:20190315231527j:plain

 

約5時間のフライトは騒ぐお客さんもおらず、静かに休むことができました。ちょうど夜行バスに乗っているような感覚ですね。LCCですから、ドリンクや機内食などのサービスはありません。

 

香港に到着!空港で時間を潰すには…

いよいよ香港に到着です。香港エクスプレスはかなり遠くに駐機しますので、バスでターミナルまで向かいます。香港の入国審査は、入国カードとパスポートを出すだけで済むので、かなり手軽だと思います。

 

f:id:Genppy:20190316045148j:plain

 

到着ロビーに出たのは、ちょうど朝の5時前でした。空港内には、有料の「プラザプレミアムラウンジ」が24時間営業しています。もしプライオリティパスなどを持っていれば、ここを使うのも選択肢の一つですね。

 

今回はちょっとお金を節約して、到着ロビーで過ごすことにしました。カフェの「Delifrance」は午前5時から、中華料理の「美心」は午前5時半から営業しています。早朝に到着しても、ゆっくり朝食を取ることができました。

 

到着ロビーにはソファーがたくさんありますが、早朝ですと仮眠している人が多かったですね。明かりはついていますので、それほど怖くはありませんが、やはり用心に越したことはないと思います。できれば、人が多い場所で休むといいかもしれません。

 

空港でゆっくりしていると、エアポート・エクスプレス(機場快線)や路線バスが動き始めます。いよいよ、今回の旅の目的地、香港ディズニーランドへ向かいます。

 

路線バスとMTRの乗り継ぎが便利

荷物が多い場合や、3人以上のグループで行く場合は、空港からタクシーで行くのが一般的だと思います。今回は弾丸旅行で荷物も少なかったので、路線バスとMTRを乗り継いで向かうことにしました。香港には日本のSuicaやPASMOのように、ICカード型乗車券「オクトパスカード(八達通)」があります。空港のカウンターで簡単に買えますので、持っておいて損はないと思います。*2

 

 

まずは空港から、S1もしくはS56系統のバスに乗って、東涌駅まで向かいます。バスは2階建てで、スーツケースを置けるスペースもあります。料金は先払いで現金でも支払えますが、お釣りは出ません。オクトパスカードを使うと、小銭を用意する手間もなくなりますし、運賃も割引されますよ。

 

東涌駅に着いたら東涌線に乗って、欣澳駅で迪士尼線に乗り換えます。欣澳駅から、パーク最寄りの迪士尼駅までは一駅。バスが片道3.5ドル、MTRが片道14.8ドルですので、荷物が少なければ、こちらのほうがおすすめですね。空港からパークまでは、45分~1時間ほどで着けると思います。

 

パークに到着!

今回、海外のオプショナルツアーを販売している「KKday」のサイトを使って、パークチケットを購入しました。

 

 

現地のチケットブースで購入するよりもお得ですし、並ばなくてもいいのは便利でした。日本でeチケットを印刷しておくか、スマートフォンでQRコードを表示させて、ゲートのキャストさんに見せると、紙のチケットと交換してくれます。とてもスムーズでしたので、これからも使いたいですね*3

 

f:id:Genppy:20190316075036j:plain

 

香港の場合は、開園時刻の30分前になると、メインストリートUSAやお城周辺まで入ることができます。アトラクションへはまだ行けませんので、グリーティングに並ぶゲストが多かったですね。午後1時までは、グッズも10%で購入することができますので、このときに購入しておくのもいいかもしれません。

 

いよいよ開園時刻になり、一斉にエリアが解放されます。今回は午前中にアトラクションへ乗り、午後からはショーやパレードを回ることにしました。午前中に乗ったアトラクションは、以下の通りです。

 

  • ジャングル・リバー・クルーズ
  • ビッグ・グリズリー・マウンテン・ラナウェイ・マイン・カー
  • アイアンマン・エクスペリエンス
  • ハイパー・スペース・マウンテン
  • イッツ・ア・スモールワールド
  • ミスティック・マナー

 

「アイアンマン・エクスペリエンス」は初めて乗ったのですが、イメージとしては東京の「スター・ツアーズ」や「ニモ&フレンズ・シーライダー」に近いアトラクションですね。アイアンマンと一緒に戦っている臨場感もありましたし、乗り場までのキューラインも非常に凝っていました。ただ、シーンがランダムではないのが残念でしたね。今後のアップデートに期待したいところです。

 

 

3月31日には「アントマン&ワスプ:ナノ・バトル!」がオープンしました。また2023年にはマーベル・ヒーローをテーマにしたエリアが誕生する予定です。ヒーローファンにとっては、今後も要チェックだと思います。

 

f:id:Genppy:20190316115832j:plain

世界初の導入となる「アントマン&ワスプ:ナノ・バトル!」

 

 

午後はショーとパレードを満喫

お昼ご飯を「エクスプローラーズ・クラブ・レストラン」で済ませて、午後はいよいよエンターテイメント・プログラムを見て回ることにしました。

 

  • 14:45 フライト・オブ・ファンタジー・パレード
  • 16:30 ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック
  • 17:30 ディズニー・スターズ・スプリングタイム・セレブレーション
  • (夕食 クロパンのフェスティバル・オブ・フード)
  • 19:30 ウィー・ラブ・ミッキー!
  • 20:30 ディズニー・ペイント・ザ・ナイト・パレード

 

デイパレード「フライト・オブ・ファンタジー・パレード」は、お城周辺の工事の影響で、1回しかフロートが停止しません。今回はミッキーたちのフロートの停止位置で見ることにしました。途中に小さな子が参加するダンスパートがあるのですが、香港らしい平和な時間になっていました。

 

f:id:Genppy:20190316160819j:plain

f:id:Genppy:20190316160920j:plain

 

香港に来ると欠かせないのが「ミッキー・アンド・ザ・ワンダラス・ブック」だと思います。生歌や力強いダンスに加えて、キャラクターの見せ場もしっかりある、非常に完成度の高いショーになっています。最新のプロジェクション・マッピングを使っているのも、見どころの一つですね。

 

f:id:Genppy:20160110171953j:plain

f:id:Genppy:20160110170256j:plain

 

春イベントの限定ショー「ディズニー・スターズ・スプリングタイム・セレブレーション」は、お城前の特設ステージで行われます。すべて立ち見、キャラクターが入ってくる花道も、ステージ中央にあるという、東京では考えられないショーになっていました。

 

f:id:Genppy:20190316184034j:plain

 

ミッキーと仲間たちに加えて、ダッフィーフレンズ、ダンサーが春らしいコスチュームを身にまとって、ゲストに挨拶をするという内容になっています。公演時間が短く、少し物足りない印象を受けました。身長が低い方だと、前のほうにいないと楽しめないと思います。

 

f:id:Genppy:20190316184139j:plain

香港でしか会えない、ダッフィーフレンズのクッキーも登場する。

 

ウィー・ラブ・ミッキー!は、2018年3月から始まった、新しいプロジェクション・マッピングのショーです。メインストリートUSAが幻想的な雰囲気に包まれ、最後にはミッキーマウスも登場します。紙吹雪も舞う華やかなショーに仕上がっていました。こちらも立ち見ですので、ミッキーの写真を撮る方は、通りの中央付近にいると良いと思います。

 

f:id:Genppy:20190316204257j:plain

f:id:Genppy:20190316204310j:plain

 

さて、香港の最後を締めくくるのが、ナイトパレード「ディズニー・ペイント・ザ・ナイト・パレード」です。こちらは通過型で、フロートは停止しません。同じパレードはカリフォルニアのディズニーランドでも行われていましたが、現在は香港だけとなっています。

 

f:id:Genppy:20160110210443j:plain

 

東京のドリームナイツとは異なり、アップテンポな曲調に合わせて、LEDの色鮮やかなフロートが目の前を通過していきます。広東語の歌詞も、香港の雰囲気にピッタリですね。香港の夜を締めくくるのにふさわしいエンタメだったと思います。

 

f:id:Genppy:20160110210140j:plain

 

今回は「モアナ:ホームカミング・セレブレーション」や「フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキング」はスケジュールが合わず、見ることができませんでした。また次回訪れたときに、楽しみたいと思います。

 

寂しいけれど、帰国の途に…

ナイトパレードが終わると、パークは閉園時刻となります。エントランスに向かって、一斉にゲストが帰り始めます。このとき、時刻は21時前。帰りの飛行機が23:50出発ですので、少しギリギリの時間でした。

 

f:id:Genppy:20190316210154j:plain

 

MTRとバスを乗り継いで、空港に到着したのは22時ごろでした。事前にウェブで手続きをしておいたおかげで、スムーズに搭乗券を受け取ることができました。本来であれば、ターミナル2から出国するのですが、今回はあえてターミナル1に移動しました。

 

香港ディズニーランドの公式ショップは、ターミナル1とターミナル2にあるのですが、ターミナル1のショップは夜の23時まで営業しているのです。買い忘れたグッズがないか、とりあえず見てみることにしました。

 

 

ターミナル1のショップは、出国審査の後のエリアにあります。出てすぐの場所にありますので、とても便利ですね。ターミナル2と比べて、こちらは免税店なども充実していますので、こちらから出国するのもいいかもしれません。

 

公式ショップでパークでは見つけられなかったグッズを手に入れて、搭乗口へと向かいます。香港国際空港は本当に広く、端から端まで歩くと、30分近くかかってしまいます。ターミナルの地下を走っているシャトルに乗って移動します。

 

 

やっと搭乗口にたどり着いたと思ったら、今度はバスに乗って飛行機まで向かうことに…。LCCですので、運賃を抑えるために、いろいろと工夫しているからでしょうね。このとき、時刻は23時半。疲れもあって、だんだん眠くなってきました。

 

f:id:Genppy:20190316224016j:plain

 

帰りの飛行機も定刻通りに出発。日本までは約3時間40分のフライトでしたが、日本人よりも外国の方のほうが多かったですね。なんとか眠ることができて、羽田空港に到着したのは、朝の5時前でした。

 

f:id:Genppy:20190317045809j:plain

 

シャワールームはおすすめ!

入国審査を終えて、到着ロビーに着いたのは午前5時半ごろでした。もう羽田からの始発電車は動き始めています。このまま帰るのもよかったのですが、前から気になっていた「シャワールーム」を利用することにしました。

 

 

ここは日本航空や全日空のビジネスクラス利用者や、マイレージ上級会員であれば、無料で利用することができます。もちろん、上級会員ではなくても、30分1,030円から利用することができて、別途料金を払えば、時間を延長することもできます*4

 

中は脱衣スペースと洗面所、シャワールームという構造になっていて、掃除もきちんと行き届いています。水圧や温度も問題なし。資生堂のアメニティも用意されていて、フェイスタオルとバスタオルもふかふかでした。

 

お金は先払いなのですが、サービスとして、タリーズコーヒーの200円引きクーポン、もしくはペットボトルのお水/お茶を選ぶことができます。ペットボトルは自動販売機で受け取る仕組みで、お金を入れる必要はありません。お風呂上がりには嬉しいサービスですね。

 

香港は弾丸旅行でも快適!

香港エクスプレスの深夜・早朝便を利用すると、金曜日の夜に出発して、土曜日を使って遊び、日曜日の朝に帰ってくる、という楽しみ方ができます。

 

f:id:Genppy:20190316210317j:plain

 

香港エクスプレスだけではなく、ほかのLCCや大手航空会社も、深夜・早朝便を運行しています。予算と乗る時期を考えながら、フライトを選ぶことをおすすめします。ただし、LCCは遅れや運休のリスクがありますし、ほかの便への変更や振り替えもできないことがあります。もちろん、預け手荷物などの手数料も気になります。そのあたりは十分注意する必要がありますね。

 

香港はアトラクションやグリーティングの待ち時間も、東京より少なくなっています。マジック・アクセス(年間パスポート)のサービスも充実していますので、香港の魅力をより多くの方に感じていただきたいですね。

 

舞浜新聞が「海外パークはまだ行ったことがない」という方のためにまとめた記事です。

*1:公式ウェブサイトでは「直接搭乗口へ行ける」と書かれていますが、空港の搭乗口で呼び出しを受け、パスポート確認と搭乗券の交換を経験した方もいるようです。

*2:オクトパスカードは、帰国するときに空港にあるカウンターで、返金してもらうことができます。最後の使用から1,000日以内であれば有効ですので、また来る予定の方はそのままでも大丈夫です。

*3:ゲートではなく、チケットブースでも紙のチケットと交換してくれます。

*4:自動延長ですので、30分を超えたからと言ってスタッフが呼びに来るわけではありません。