読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞浜新聞

東京ディズニーリゾートなどのディズニーパークをはじめとして、ディズニーに関する様々な情報をお伝えします。



いよいよ起工!コンセプトアートから、TDL大規模開発を読み解く

4月5日、東京ディズニーランドの「グランドサーキット・レースウェイ」跡地で、大規模開発工事の起工式が開催されました。

 

f:id:Genppy:20170409162824j:plain

起工式の様子(東京ディズニーリゾート公式ブログから引用 ©Disney)

 

 

今回は起工式に合わせて、新しく発表されたコンセプトアートや、YouTubeの映像から、東京ディズニーランドの将来の姿について、少し読み解いていきたいと思います。

 

ミッキーとミニーもお祝いに!

東京ディズニーランドでは現在、ファンタジーランドとトゥモローランドの大規模開発工事が進められています。2020年春には、『美女と野獣』をテーマにしたエリアや、『ベイマックス』をテーマにしたアトラクションが誕生する予定です。

 

詳しい開発計画は、こちらをどうぞ。

 

今回行われた起工式は、その開発工事の始まりを告げる、大切なセレモニーとなりました。セレモニーには、以下の方々が参加しました。

 

  • オリエンタルランド 加賀見俊夫 代表取締役会長(兼)CEO
  • オリエンタルランド 上西京一郎 代表取締役社長(兼)COO
  • ビル・アーネスト ウォルト・ディズニー・パーク&リゾート プレジデント/マネージング・ディレクター アジア
  • 川崎重工業 金花芳則 代表取締役社長
  • 大成建設 山内隆司 代表取締役会長

 

セレモニーには、ミッキーマウスとミニーマウスも駆けつけ、東京ディズニーリゾートの新しい出発を盛大にお祝いしました。日刊建設工業新聞の記事によると、エリアの建物工事は大成建設、アトラクションは川崎重工業がそれぞれ担当する予定です。

 

日刊建設工業新聞 » オリエンタルランド/TDL(千葉県浦安市)大規模再開発が始動/施工は大成建設

 

大成建設は、ランド・シーの建設工事も担当していましたので、大手ゼネコンとして今回の案件にも参加するのでしょう。

 

新しいコンセプトアートが公開に!

さて、今回の起工式に合わせて、オリエンタルランドから新しいコンセプトアートが公開されました。まずは、2016年4月に発表されたコンセプトアートと、違う点があるものを比べてみることにしましょう。

 

f:id:Genppy:20170409161801j:plain

 

まずは、開発エリア全景のものです。違うところは、以下の4か所です。

  • トゥーンタウンのキャラクターグリーティング施設
  • ビーストの城
  • ライブエンターテイメントシアター
  • 『ベイマックス』をテーマにしたアトラクション

 

トゥーンタウンのキャラクターグリーティング施設は、これまでの発表の中に含まれていましたが、新しく発表されたアートで、初めて『美女と野獣』エリアとの位置関係が分かりました。また、ビーストの城の外壁の色が、昨年発表されたアートと、微妙に変わっていることが分かります。

 

また、ライブエンターテイメントシアターの形が、少し変わっていることや、これまでは雲で隠されていた場所に、『ベイマックス』をテーマにしたアトラクションがつくられることも分かりました。

 

次は、ライブエンターテイメントシアターの外側を描いたものです。

 

f:id:Genppy:20170409161208j:plain

 

昨年のアートと比べると、施設前にあった滝がなくなり、入り口正面の形が少し変わっているのが分かります。

 

シアターの内側を描いたアートも、微妙に変わっています。

 

f:id:Genppy:20170409161445j:plain

 

昨年のアートと比べて、壁の色や装飾が変わっていることが分かります。さらに気になるのは、ステージが切れていることでしょう。照明が当たっていますので、もしかすると、今回は切れて見えないところに、新しくシアターで始まるショーのヒントが描かれているのかもしれませんね。

 

最後は、ミニーマウスと写真が撮れる、グリーティング施設のアートです。

 

f:id:Genppy:20170409160846j:plain

 

カメラマンの男性が、よりリアルに描かれただけではなく、ミニーの顔もパークにいるミニーとほぼ同じものに描き直されました。これは、昨年のアートの評判が悪かったことに加えて、ファンから「上海と同じ顔を導入するのでは?」という指摘があったからではないでしょうか。

 

すでに上海を皮切りに、カリフォルニア、パリ、香港では、新しいミッキーとミニーの顔が導入されています。米フロリダのウォルト・ディズニー・ワールドでは、東京と同じ顔になっていますが、今後置き換えが進むのは時間の問題でしょう。

 

f:id:Genppy:20170128112822j:plain

東京ディズニーリゾートのミッキーとミニー。今の顔は、20年以上ゲストに親しまれている。©Disney

 

f:id:Genppy:20160730113700j:plain

上海ディズニーランドのミッキーとミニー。カリフォルニアやパリ、香港のパークでも、この顔の導入が進んでいる。©Disney

 

東京のファンの間では、いつミッキーとミニーの顔が変わるのか、関心が高まっています。今のオリエンタルランドの動きを見ていると、早くても2018年のランド35周年イベントか、それ以降まで先延ばしする可能性すらあります。このあたりの動きにも、注目していく必要がありそうですね。

 

では、ここからは、今回が初出しとなったアートを見ていくことにしましょう。1枚目は『美女と野獣』エリアのアートです。

 

f:id:Genppy:20170405103440j:plain

 

正面に見えるのは、ビーストの城です。フロリダのマジック・キングダムにも、ビーストの城はあるのですが、遠近法を使ったミニチュアになっています。しかし、東京はこの城を高さ30mで再現する計画です。ランドホテルのロビー吹き抜けが、ちょうど30mですので、いかに巨大かが分かると思います。

 

コンセプトアートを見る限り、『美女と野獣』エリアは、かなり余裕のあるつくりになっていることが分かります。混雑緩和が今回の開発の大きな目的ですので、ゲストの満足度向上につながりそうです。

 

2枚目は同じく『美女と野獣』エリアのアートです。

 

f:id:Genppy:20170409171546j:plain

 

プレスリリースでは「街並み」と表記されていますが、明らかにベルとモーリスが住んでいる家でしょう。舞浜新聞では、昨年発表されたアートの中に、この赤い家が描かれていることに注目していました。

 

f:id:Genppy:20160427084710j:plain

昨年4月に発表されたコンセプトアートの一部。ベルの家を思わせる、赤い屋根の建物が描かれていることが分かる。©Disney

 

f:id:Genppy:20141228005929j:plain

米フロリダのマジックキングダムにあるベルの家。中はアトラクション「エンチャンテッド・テール・ウィズ・ベル」になっている。©Disney

 

今回発表されたアートを見る限り、アトラクションではなさそうです。後ろ側はパレードルートになっていますので、それほど大きなものも造れないはず。そう考えると、プリンセスのグリーティング施設か、休憩所、レストルームといった選択肢が考えられます。ここについては、今後の続報を待つことにしましょう。

 

3枚目と4枚目は、『美女と野獣』エリアにつくられる、ショップとレストランのアートです。

 

f:id:Genppy:20170409171553j:plain

f:id:Genppy:20170409171616j:plain

 

アートを見る限り、フロリダのマジック・キングダムにあるショップと、レストラン「ガストンズ・タバーン」に似た移設がつくられる可能性が高いと思います。ただ、フロリダのガストンズ・タバーンは、カウンターサービスがメインで、席数は少なくなっていますので、東京では座席を増やすと思われます。

 

f:id:Genppy:20141228005508j:plain

マジックキングダムにある『美女と野獣』エリア。現地のゲストにも人気が高い。©Disney

 

5枚目と6枚目は、『ベイマックス』のアトラクションに隣接してつくられる、ポップコーンの専門ショップのアートです。

 

f:id:Genppy:20170409171535j:plain

f:id:Genppy:20170409171607j:plain

 

アートを見る限り、近未来をイメージした、東京オリジナルのショップになりそうです。海外のパークと比べても、東京のポップコーンは味の種類が豊富で、とても美味しくなっています。ギャレット・ポップコーンのように、海外のポップコーンが日本でも人気を集めていますので、ここも長い列ができそうです。

 

YouTubeでも映像が公開に!

実は今回の起工式に合わせて、YouTubeの東京ディズニーリゾート公式チャンネルで、新しいエリアの完成予想CGが公開されました。

 

 

メディア向けに制作された映像ですが、SNSなどを意識して、YouTubeでも新エリアの魅力を伝えたいと考えたからでしょう。企業広報を考えると、かなり画期的な試みだと思います。では、映像に映っているものについて、少し見ていくことにしましょう。

 

映像の道順は、以下の赤い線をなぞるようになっています。

f:id:Genppy:20170409175758j:plain

 

映像は、トゥーンタウンに新しくできる、キャラクター・グリーティング施設の前から始まります。

 

f:id:Genppy:20170409174512j:plain

 

こうやって見ると、ミニーマウスのシンボルである、ポルカドットのリボンが大きく取り付けられています。複数のキャラクターが登場するのではなく、「ミッキーの家とミートミッキー」のように、いつでもミニーに会える施設になるのでしょう。

 

f:id:Genppy:20170409174523j:plain

f:id:Genppy:20170409174533j:plain

 

グリーティング施設の横には、トゥーンタウンの看板があります。今回発表されたアートでも、トゥーンタウンの大きなゲートは描かれていません。パレードルートとの関係もあって、ゲートは撤去され、その代わりに看板が設置されるのでしょう。

 

f:id:Genppy:20170409174542j:plain

 

さて、カメラは『美女と野獣』エリアへと向かっていきます。

 

f:id:Genppy:20170409174551j:plain

f:id:Genppy:20170409174603j:plain

 

右手に見えてきたのは、おそらくベルとモーリスの家でしょう。今回の発表では詳しく明かされませんでしたので、今後の続報を待つことにしましょう。

 

f:id:Genppy:20170409174613j:plain

 

施設の大きさを考えても、アトラクションというより、グリーティング施設や休憩所、レストルームの可能性が高いと思います。

 

f:id:Genppy:20170409174626j:plain

f:id:Genppy:20170409174640j:plain

 

さて、『美女と野獣』エリアに入ってきました。ベルが住んでいる街並みが再現されていて、とても開放感があります。キャパシティにも余裕がありそうですので、ある程度は混雑も緩和されるでしょう。

 

f:id:Genppy:20170409174649j:plain

 

フロリダのマジック・キングダムにもある、ガストン像の噴水もあります。正面に映っているのが、レストランの「ガストンズ・タバーン」だと思われます。

 

f:id:Genppy:20170409174659j:plain

 

小さな石橋をくぐると、いよいよビーストの城が近づいてきます。

 

f:id:Genppy:20170409174710j:plain

 

左手に見えてくるのは、ビーストがモーリスを街へ追い返すときに使った、魔法の馬車が置かれています。こんな演出はディズニーらしいですね。

 

f:id:Genppy:20170409174718j:plain

 

さて、いよいよビーストの城へやって来ました。外壁がコンクリートの打ちっぱなしになっていますが、おそらくこれは細かな仕様が決まっていないからでしょう。オープンするときには、城らしい重厚な外壁になっていると思います。

 

f:id:Genppy:20170409174726j:plain

f:id:Genppy:20170409174740j:plain

 

ビーストの城は、『美女と野獣』をテーマにしたアトラクションになっています。城の高さは約30m。下から見上げると、かなりの高さがあるのが分かります。東京だけのオリジナルアトラクションとして、人気を集めそうです。 

 

f:id:Genppy:20170409174748j:plain

 

さて、ここまでが新エリアの完成予想CGです。もう一度、ここまでの道順をおさらいしましょう。

 

f:id:Genppy:20170409175758j:plain

 

今回は映らなかった道の先には、ライブエンターテイメントシアターがあるはずです。その先を歩いていくと、抽選所があるトゥモローランド・ホールへと抜けられます。

 

どうして、このタイミングで発表に?

起工式に合わせて、新しく発表されたコンセプトアートと、完成予想CG。報道関係者向けには、新エリアの建築模型も公開されました。

 

 

f:id:Genppy:20170423112639j:plain

建築模型の位置関係を、平面図に書き起こしたもの。図中の解説は、舞浜新聞が独自に付けている。

 

これだけ多くのメディアを集め、大々的に起工式の様子を取材させたということは、それだけオリエンタルランドが、現状に危機感をもっている裏返しではないでしょうか。

 

東京ディズニーリゾートの2016年度の入園者数は、2年連続で減少となりました。過去の数字と比べても、決して大きく数字を下げているわけではありませんが、混雑によって顧客満足度が低下し、USJの猛追を許しています。

 

株主や機関投資家に向けて、自社の成長可能性や、優位性をアピールしたい。だからこそ、今回はこれだけ多くの情報が発表されたのでしょう。新エリアのオープンは2020年春、東京オリンピックの直前を予定しています。

 

入園者数を落とさず、満足度や客単価を下げず、経費を削りながら、開発を進めていく。オリエンタルランドにとっては、忍耐の3年間になりそうです。

 

f:id:Genppy:20150502145909j:plain

©Disney

 

合わせて読みたい

 

関連リンク