読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞浜新聞

東京ディズニーリゾートなどのディズニーパークをはじめとして、ディズニーに関する様々な情報をお伝えします。



東京ディズニーリゾートの都市伝説を考える

「火のない所に煙は立たぬ」と昔から言われますが、人がたくさん集まる東京ディズニーリゾートには「都市伝説」と呼ばれる噂が伝えられています。今回はその都市伝説について、真偽を含めて少し紹介していきたいと思います。

 

f:id:Genppy:20130203193217j:plain

©Disney

 

カップルで行くと別れる

パークを訪れたカップルは別れる、というもの。この都市伝説にはいくつかの種類があり「初めてのデートで行くと別れる」「シンデレラ城を一緒に通り抜けると別れる」といったものもあります。

 

一方で「イッツ・ア・スモールワールドの中にある日本人形の前でキスをすると二人の仲はずっと続く」「ホーンテッド・マンションでキスをすると二人の仲はずっと続く」というように、逆に二人の仲が深まるというものもあります。

 

これらの都市伝説はもちろんウソ。ほかの観光地にあるような噂と同じようなものです。ただし、混雑しやすいパークでは待ち時間が長くて気まずくなってしまったり、体調を崩してしまったり、アトラクションかパレードかでケンカになってしまったり…といったように、カップルにとっては試練の場面が多いのは事実です。

 

ホーンテッド・マンションの男の子

ランドのアトラクション「ホーンテッド・マンション」お化け屋敷の中をライドに乗って回るアトラクションですが、実はこの中に本物の幽霊が交じっている、というもの。

 

実はホーンテッド・マンション以外にも、カリブの海賊やスペース・マウンテン、マーメイドラグーン・シアターでもキャストが幽霊を見たという話が伝わっています。

 

これについては真偽は分かりません。何かの見間違いかもしれませんし、本当に幽霊がいるかもしれません。ちなみに、スペース・マウンテンについては1984年10月と1987年6月に、それぞれ乗車後にゲストが亡くなる事故が発生しています。

 

実は子供の誘拐未遂が多発している

ある家族の子供が迷子になり探したところ、トイレで見つかった。実はその子は臓器売買のために誘拐されそうになっていた、というもの。トイレではなくエントランス・ゲートで見つかった、というように変えられているものもあります。

 

スプラッシュ・マウンテン出口横にあるトイレでは、誘拐未遂が起きたという噂も立っています。

 

これらの都市伝説はもちろんウソ。実際にこのようなことが起きれば、間違いなくメディアが騒ぐでしょう。

 

臓器売買のために子供を誘拐する、という話はもともと昔からある都市伝説なのです。それがアメリカのディズニーランドに置き換わり、いつのまにか日本のディズニーランドでも同様の話が伝わったのではないか、と言われています。

 

パーク内には制服・私服(といっても完全に私服ではありませんが)のセキュリティ・オフィサーが多数配置されています。彼らは警備員として扱われていますが、ほぼ警察官と同じです。不審者がいればセキュリティ・オフィサーが退園まで監視しますので、ゲストの皆さんは安心してパークを楽しんでください。

 

パークの地下には無数のトンネルがある

パークの地下には無数のトンネルがあり、キャストの移動や物資の運搬に利用されている。そのトンネルからは秘密の会員制クラブに行ける、というもの。

 

東京の場合、ランドの地下にはトンネルがありますが、実際には3本だけでそれほど多くはありません。キャストの移動やバックステージに接続していないレストランへの物資搬入などに使われています。

 

もともとはアメリカのディズニーパークと同じように管理施設を地下に建設する予定だったのですが、埋め立て地であるため地盤が弱く断念したという経緯があります。

 

カラスがいないのは特殊な電波を出しているから

ディズニーランドにカラスがいないのは、パークの中にあるスピーカーからカラスが嫌がる特殊な電波を出しているから、というもの。電波ではなく音波を出している、と書かれているものもあります。

 

実はカラスはいます。しかし、めったにパークの中で見かけることはありません。これは海に近いためもともとカラスの数が少ないこと(生息地となる森から遠い)、餌となる食べ残しが少ないこと、警戒心が高いカラスは人の多い場所にはあまり姿を見せないこと、などの理由が挙げられます。

 

蚊がいないのは特殊な電波を出しているから

カラスの話とまじってしまったのかもしれません。パーク内に蚊がいないのは、カストーディアルキャストが、ちょっとした水たまりも残らないようにしているために、ボウフラが発生しないためです。

 

またパーク内にある池などの水は再処理施設で処理された水を使っているため、害虫の発生が抑えられています。

 

ちなみに、その技術は「社内秘」となっており、外部にも公表されていません。ただ殺虫剤や塩素などを混ぜているわけではなく、飲んだとしても無害になっています。

 

ちなみにパーク内で高周波を出しているということもありません。テキサスA&M大学の研究では、高周波に虫よけ効果がないことが明らかになっています。

 

参考資料

Wikipedia「東京ディズニーランドの都市伝説」http://ja.wikipedia.org/wiki/東京ディズニーランドの都市伝説