舞浜新聞

東京ディズニーリゾートなどのディズニーパークをはじめとして、ディズニーに関する様々な情報をお伝えします。



オリエンタルランドの株を買ったら、どうなるの?

東京ディズニーリゾートを運営しているのは株式会社オリエンタルランド。最近は知名度も上がって、就職活動の人気企業ランキングでも上位に位置する優良企業です。

 

オリエンタルランドは株式会社ですので、株式を発行して経営に必要な資金を集めています。今回はそんなオリエンタルランドの株を買ったらどうなるのか、そしてオリエンタルランドの株を買う方法について見ていきたいと思います。

 

f:id:Genppy:20130203193217j:plain

©Disney

 

そもそも「株」って何?

では、そもそも株(株式)とは何でしょうか。中学校の社会の授業で習ったのを、覚えている方も多いと思います。

 

会社(企業)を経営するためには、もちろんお金が必要になります。お金を集める方法はいくつかあるのですが、その中の一つが「株式を発行して、それを買ってもらう」というものです。

 

株式を買った人は「株主」となり、その企業のオーナーとなります。このことを「企業に出資する」と言います。よく「企業は株主のもの」と言われるのですが、これは株主が企業の経営に必要な資金を出してあげているからなのです。

 

ちなみに「株券」という言葉があります。これは企業が発行した株式を紙に印刷したものです。最近では株券は電子化されており、紙で受け取ることはできません。舞浜新聞でも記事では「株式」に用語を統一しています。

 

オリエンタルランドの株を買ったら、どうなるの?

さて、東京ディズニーリゾートを運営しているオリエンタルランドも株式会社です。株式会社の中には「非上場企業」といって、株式を市場で売り買いできない企業もあります。

 

飲料大手のサントリーや、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営しているユー・エス・ジェイなどがそうです。こういった非上場企業の株式は、一般の私たちが購入することはできません。

 

オリエンタルランドは東京証券取引所の第1部に上場している「上場企業」です。そのため、お金さえあればオリエンタルランドの株式を買うことができます。

 

オリエンタルランドの株式を買うと、以下の4つのことができるようになります。

 

  1. 年に1回の「株主総会」に出席できる。
  2. 配当金がもらえる。
  3. 「株主優待パスポート」がもらえる。
  4. 「株主通信」が送られてくる。

 

それでは、順番に詳しい内容を見ていきましょう。

 

年に1回の「株主総会」に出席できる

上場企業は年に1回、株主を集めて「株主総会」が行われます。これは幹部の人事や今後の経営方針などについて、経営陣から株主へ説明が行われ、株主に承認してもらう重要なものです。

 

今年の株主総会については、こちらをどうぞ。

 

オリエンタルランドでは毎年6月、株主総会が行われています。経営陣から直接話が聞ける貴重な機会ですので、平日ですが多くの株主が参加しています。以前は参加した株主へプレゼントがあったのですが、今は廃止されています。

 

株主総会では、株主に対して質疑応答の時間が用意されています。ただオリエンタルランドの株主総会では、経営方針に対する質問よりも、パークの運営に対する苦情や陳情が多くなっています。これは消費者相手の企業の株主総会では、よく見られる光景です。そのため、オリエンタルランドの株主総会を「陳情大会」と呼ぶ方もいます。

 

株主総会は、株式の権利を持っている方しか参加することはできません。当日参加できない場合は、インターネットや郵送で「議決権行使」といって、経営陣が提案している議案に対して、賛成か反対かを投票する仕組みになっています。

 

配当金がもらえる

企業の売り上げが伸びれば、それだけ利益も増えます。儲かった分の利益を、株主が受け取れるのが「配当金」です。そのときの利益や経営陣の判断で、金額は大きく変わるのですが、オリエンタルランドはここ数年、配当金の金額を大きく引き上げています。

 

2014年度は1株当たり140円の配当金がありました。100株持っていると、1年間に14,000円の配当金が受け取れる計算です*1。配当金は1年間で2回に分けて支払われます。

 

2015年度は1株当たり35円の配当金が見込まれています。今年度は株式分割によって、これまで100株持っていた株主は、4倍の400株に増えています。そのため、昨年度とほぼ同様の配当金が見込まれていることが分かります。

 

オリエンタルランドの株式分割については、以下の記事を参考にしてください。

 

「株主優待パスポート」がもらえる

上場企業では配当金に加えて、株主へ自社の商品や金券といった「株主優待」を配っています。テレビ番組『月曜から夜ふかし』で、株主優待を使いこなす桐谷広人さんを見た方も多いのではないでしょうか。企業はできるだけ株式を長く保有してもらい、経営を安定させたいと考えていますので、株主優待にも知恵を絞っているのです。

 

オリエンタルランドでは、保有している株式数に応じて、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのいずれかで1日使える「株主用パスポート」を発行しています。こちらも配当金と同じく、年に2回もらうことができます*2

 

株主用パスポートは、通常のパスポートとはデザインが異なっています。また1年間の有効期限が設定されています。実は株主用パスポートを金券ショップなどで売る方も多いのですが、最近は使用済みの穴が開かないために、引き取りを断っているショップも多いようです。

 

f:id:Genppy:20150801160948j:plain

左が通常デザインのパスポート。右が株主用パスポート。発行時期によってデザインが異なる。©Disney

 

「株主通信」が送られてくる

配当金や株主用パスポートと同じく、株主に向けて年に2回「株主通信」が送られてきます。これはオリエンタルランドの経営状況から、今後の経営方針、さらには東京ディズニーリゾートのイベント情報まで幅広く載っている冊子です。これを読むだけで、オリエンタルランドの経営陣がどんなことを考えているのかが、よく分かるようになっています。

 

 

オリエンタルランドの株を買うには、どうすればいいの?

さてここまで、オリエンタルランドの株を買ったらどうなるのかについて、詳しい内容を見てきました。では、オリエンタルランドの株を買うには、どうすればいいのでしょうか。

 

株式を買うためには、証券会社の口座が必要になります。街中にある証券会社であれば、銀行と同じように口座を作ることができます。また、最近ではネット証券といって、インターネットで口座を開ける証券会社も多くなっています。

 

証券会社の口座を開いたら、オリエンタルランドの株の買い注文を出します。ここで注意したいのが「単元株数」です。

 

オリエンタルランドは東京証券取引所の第1部に上場していますので、株価が常に公開されています。新聞などに載っている株式欄に「OLC」と書かれているのが、オリエンタルランドの株価です。

 

最新の株価はこちらから。

 

オリエンタルランドの株価は7月31日の終値で、7,869円となっています。「お!思ったよりも安い!」と思った方、実は違うんです。株式には「単元株数」といって、株式を買うときに、最低これだけは買わなければいけない株数が設定されているのです。

 

オリエンタルランドの単元株数は「100株」つまり、株価が1株当たり7,869円でしたら、100株分の78万6,900円が最低でも必要になるのです。もちろん、証券会社に支払う売買手数料などもありますので、オリエンタルランドの株主になるためには、軽自動車1台分の資金が必要なのです。

 

ちなみに、証券会社によっては「ミニ株*3」というサービスを提供しているところがあります。これは1株単位から株式を売買できるというもの。このサービスを使えば、オリエンタルランドの株を1株だけ買うこともできます。ただし、株主の権利は発生しませんので、配当金や株主優待を受け取ることはできません。

 

最近では2014年1月から「NISA(少額投資非課税制度)」という制度も始まっています。これは年間100万円まで*4、最大5年間、株式や投資信託にかかる税金が非課税になる、という仕組みです。オリエンタルランドの株ですと、100株ならこのNISAの枠を使うことができます。詳しくは証券会社の方に聞いてみてください。

 

 

オリエンタルランドの株は「投資入門」にピッタリ!

あくまでも舞浜新聞の独自見解ですが、オリエンタルランドの株式は「そろそろ投資を始めてみようかな」と考えている人には、ピッタリの銘柄だと思います。ほかの企業を見渡してみても、オリエンタルランドほど一般向けにプレスリリースを出している企業は珍しいです。また株主通信やそれ以外のIR資料*5も、分かりやすくていねいに作られています。

 

株式の場合、株価が安いときに買って、高いときに売る「投機的な保有」も選択肢としてあります。しかし、これはマネーゲーム。いつも株価に一喜一憂しなければいけません。オリエンタルランドは今後も成長が見込まれる企業ですので、短期的な保有よりも、長期的な保有に適しています。

 

株価の上下を気にしなくていいのも、株式初心者におすすめできる理由です。もちろん、株式は元本保証がありませんので、企業が倒産してしまったときには、紙くず同然になるという覚悟は必要です。ただし、オリエンタルランドについては、その可能性は低いでしょう。

 

オリエンタルランドは今後、東京ディズニーリゾートに大規模な投資を行う計画です。そのため、株主に長い間株式を保有してもらうために、長期保有者向けの優待も準備しています。詳しくは、オリエンタルランドのホームページをご確認ください。

 

 

ちょっと値段が高いオリエンタルランドの株式。ですが「東京ディズニーリゾートが好き」「投資はやってみたいけど、どの銘柄を買えばよいか分からない」という方には、オリエンタルランドの株はおすすめですよ。

 

f:id:Genppy:20150531204807j:plain

©Disney

 

【おまけ】米ディズニー社の株式は買えないの?

オリエンタルランドは東京ディズニーリゾートを運営している企業です。実はアメリカに本社があるウォルト・ディズニー・カンパニーの株も日本で買うことができます。

 

 

一部の証券会社では、アメリカの証券取引所に上場している企業の株を取り扱っています。アメリカは日本と違って売買単位がありませんので、1株から買うことができます*6

 

Welcome Disney Shareholders

 

ディズニー好きな方には、ウォルト・ディズニー・カンパニーの株もおすすめですよ。ちなみに、アメリカでは親が子どものために、ディズニー社の株を買うこともあります。ディズニー社の株主総会では、子ども株主が質疑応答に立つこともあるのです。投資の国アメリカらしい光景ですね。

 

f:id:Genppy:20140824055450j:plain

©Disney

*1:配当金には所得税や住民税などがかかります。

*2:一部例外があります。

*3:証券会社によって、S株やプチ株、ワン株といった名前で呼んでいるところもあります。

*4:2016年からは120万円まで拡大される予定です。

*5:インベスター・リレーションズ(Investor Relations、IR)といって、企業が投資家向けに情報を発信することを言います。

*6:証券会社によって、購入は10株単位になっているところもあります。