読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞浜新聞

東京ディズニーリゾートなどのディズニーパークをはじめとして、ディズニーに関する様々な情報をお伝えします。



「東京ディズニーランドの地下には迷路がある」って本当なの?

東京ディズニーリゾートの雑学 海外のディズニーパーク

世の中には東京ディズニーリゾートにまつわる「都市伝説」として、様々な話が伝えられています。その中でも、こんな話を聞いたことはありませんか?

 

東京ディズニーランドの地下には迷路がある

 

今回は知られざるディズニーパークの地下の秘密について、ちょっと見ていきたいと思います。

 

地下通路はランド4本・シー1本

東京ディズニーランドの地下には迷路はありませんが、レストランに物資を運んだり、ごみを運び出したりするための通路があります。

 

東京ディズニーランドでは、バックステージ(ゲストからは見えない業務用エリア)に隣接していない施設がいくつかあります。パークでは現実を感じさせてしまうトラックやごみ収集車を横付けするわけにはいきませんから、地下通路が必要になるのです。

 

衛星写真を見ると、パークのバックステージで少し坂になっている部分があるのが分かります。これが地下通路への入り口になっています。

 

f:id:Genppy:20160104101625j:plain

 

衛星写真を見ると、東京ディズニーシーでは、ランドのような地下通路に加えて、高低差を利用して巧みにバックステージにつなげていることがよく分かります。

 

f:id:Genppy:20150420150557j:plain

 

上の写真は東京ディズニーシーを上空から撮影したものです。中央にあるマーメイドラグーンに向かって、火山横に橋が架けられているのが分かります。この橋は業務用で、ゲストからは見えないようになっているのです。

 

マジックキングダムの地下通路

東京ディズニーランドはアメリカ・フロリダにあるマジックキングダムをモデルにして造られました。実はマジックキングダムの地下にも、通路が広がっています。

 

f:id:Genppy:20141122215205j:plain

マジックキングダムのシンデレラ城 ©Disney

 

マジックキングダムのある場所はもともと湿地帯が広がっており、大規模な基礎工事が必要でした。そのため近くの土地を掘って、そこで出た土を盛って地盤を造ったのです。

 

マジックキングダムのあるウォルト・ディズニー・ワールドには、いくつかの大きな湖があります。これはパーク建設のために、土を掘り出した後に造られた人造湖なのです。

 

f:id:Genppy:20120305231559j:plain

マジックキングダムの前に広がる「セブンシーズ・ラグーン」かなり広大に見えるここも人造湖。©Disney

 

基礎工事を行って建設されたマジックキングダム。そのため、パーク建設時にバックステージとして地下施設も造ることができました。これが現在、物資の搬入やキャスト、キャラクターの移動、そして管理施設として使われています。

 

f:id:Genppy:20121113174858j:plain

マジックキングダムの地下通路 ©Disney

 

東京でもマジックキングダムのように、地下施設を造る計画はありました。しかし、埋め立て地のため地盤沈下や液状化の可能性があること、莫大な工事費用がかかること、などから断念せざるを得ませんでした。

 

もし東京もマジックキングダムのように地下施設が整備されていれば、シンデレラ城にレストランが造られていた、という話もあります。

 

Disney Utilidor System

では、もう少しマジックキングダムの地下通路について見ていくことにしましょう。

 

カリフォルニアのディズニーランドでは建設当時、地下通路や地下施設はありませんでした。しかしあるとき、ウォルト・ディズニーは、カウボーイの姿をしたキャストがトゥモローランドを移動する姿を見て「これでは世界観が壊れてしまう」と危機感を覚えたのです。

 

f:id:Genppy:20140824055450j:plain

カリフォルニアのディズニーランド ©Disney

 

そこでウォルトはマジックキングダムの設計時に、違う世界観のキャストが交じらないように、バックステージとして地下施設を考えました。

 

マジックキングダムにある地下通路は「Disney utilidor system」と呼ばれています。utilidorとは、英語で共同溝を意味する「utility corridors」を縮めた造語です。マジックキングダムの地下通路は世界最大級の共同溝として知られています。

 

f:id:Genppy:20150419232300j:plain

建設中のマジックキングダム。写真中央が共同溝。現在は地下通路として使われている部分。

 

マジックキングダムでは「Automated Vacuum Collection」 (AVAC) と呼ばれる仕組みを導入しています。これは24時間・365日、自動的にごみを収集するものです。マジックキングダムの場合は地下施設を使ってごみを回収し、処理・リサイクルしているのです。

 

かつてはキャストやキャラクター用のコスチュームも、地下施設で管理されていました。2005年からはキャスト用駐車場に新しく建てられた施設へ移転しています。

 

f:id:Genppy:20020713203405j:plain

以前は膨大な量のコスチュームも地下施設で管理されていた。©Disney

 

マジックキングダムの地下には管理施設以外にも、キャスト用の福利厚生施設もあります。食堂や「Kingdom Kutters」と呼ばれる理容室、更衣室、リハーサル室などがあります。

 

f:id:Genppy:20150419232817j:plain

地下通路の案内図 ©Disney

 

f:id:Genppy:20150419232845j:plain

地下通路への入り口。キャストはバスでここまで移動してくる。©Disney

 

地下通路では、キャストは徒歩かゴルフカートに乗って移動します。ガソリン車の通行は禁止されているため、トラックからゴルフカートに積み替えて運んでいます。

 

f:id:Genppy:20141014165904j:plain

f:id:Genppy:20150419233153j:plain

©Disney

 

私たちの夢と魔法の裏では、こういった見えないバックステージでも働くキャストさんがいるということですね。

 

参考資料