読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞浜新聞

東京ディズニーリゾートなどのディズニーパークをはじめとして、ディズニーに関する様々な情報をお伝えします。



ようこそ!舞浜新聞図書室へ

舞浜新聞ではこれまで、多くのディズニー関連の資料をもとに記事を書いてきました。今回はディズニーの世界を知る手がかりとして、皆さんにおすすめの本を紹介したいと思います。

 

f:id:Genppy:20150222181309j:plain

©Disney

 

まずは東京ディズニーリゾートのガイドブックについて。こちらは講談社から出ている公式ガイドブックが一番質が高く、ほぼ毎年更新されていて信頼性も高いので、安心して読めると思います。 

 

東京ディズニーリゾート完全ガイド 2014-2015 (Disney in Pocket)

東京ディズニーリゾート完全ガイド 2014-2015 (Disney in Pocket)

 

 

それでは、ガイドブック以外の本について、テーマごとにおすすめの本を見ていくことにしましょう。

 

f:id:Genppy:20150222181331j:plain

©Disney

 

すべてはここから始まった 

ウォルト・ディズニー 創造と冒険の生涯 完全復刻版

ウォルト・ディズニー 創造と冒険の生涯 完全復刻版

 

稀代のクリエイターとして数々のキャラクターを生み出してきたウォルト・ディズニー。ミッキーマウスの生みの親としても知られています。

 

そんな彼の伝記はいくつか出版されているのですが、舞浜新聞ではこの一冊をおすすめします。英語版は今でも、米国のディズニーパークで売られているほど、有名な本です。

 

日本語版の初版は1995年に出ていますが、2010年に完全復刻版として再版されています。この一冊で、ウォルトについては最低限押さえることができると思います。 

 

ディズニーランド研究の原点

ディズニーランドという聖地 (岩波新書)

ディズニーランドという聖地 (岩波新書)

 

「ディズニーランドについてとにかく知りたい!」という方には、比較文化学の立場から書かれた、この一冊をおすすめします。

 

初版は1990年、ちょうどディズニーランド・パリのオープン直前にまとめられました。ちょっと古いのですが、それを感じさせない内容になっています。ディズニーランドについて、違った目線から観察することができると思います。 

 

ディズニーランドの「ストーリー性」

ディズニーランドの秘密 (新潮新書)

ディズニーランドの秘密 (新潮新書)

 

前述の『ディズニーランドという聖地』が学術的な立場から書かれているのに対して、こちらの本はディズニーランドに秘められた「ストーリー」について解説しています。

 

「難しい本を読むのはどうも苦手…」という方には、こちらをおすすめします。著者はディズニー関連の著書が多い有馬哲夫さん。ウォルトとディズニーランドの関係について、分かりやすくまとめられています。

 

海外パークについて知りたいなら 

ディズニー五つの王国の物語 (宝島SUGOI文庫)

ディズニー五つの王国の物語 (宝島SUGOI文庫)

 

有馬哲夫さんが書かれた本で、もう一冊おすすめなのがこの一冊です。東京以外にも世界には4つのディズニーパークがあります。そんな海外のパークについて、歴史や背景について分かりやすくまとめられています。

 

文庫本で値段も手ごろですので、ディズニーランドの歴史について知りたいという方にはおすすめです。もちろん、東京ディズニーリゾートについても触れられていますよ。

 

ディズニーの生き字引 

ディズニー 夢の王国をつくる: 夢は実現する――世界のディズニーパークはいかに創られてきたか

ディズニー 夢の王国をつくる: 夢は実現する――世界のディズニーパークはいかに創られてきたか

 

ウォルトのもとで働き、数々のディズニーパーク建設に携わったマーティ・スクラーさんの自伝です。389ページというかなりのボリュームなのですが、ディズニーの裏側が克明に書かれていますので、あっという間に読み終わりました。

 

私がこの本の中で一番驚きだったのが、東京ディズニーランドの開園前予測で、すでに「年間1,700万人」の入園が見込めるという数字が出ていたということです。ディズニーとしては進出前から、日本での成功は見えていたのかもしれません。

 

この本で新たに明らかにされた事実もいくつかあります。機会があれば記事の中で紹介したいと思いますが、興味のある方はぜひ読破していただきたいですね。

 

経営論としてのディズニー

ディズニー7つの法則 新装版

ディズニー7つの法則 新装版

 

初版は1997年に発行されたのですが、2014年に新装版として新たに再版されました。ウォルト・ディズニー・ワールドを訪れた5人が、経営の視点からディズニーについて学んでいく、という小説タッチになっています。

 

ディズニーパークがいかにして、顧客の心をつかんでいるのか。ビジネスパーソンが、それをどのように自社へ生かせばいいのか。ビジネス本として分かりやすくまとめられていると思います。ディズニーを経営の視点から見るのにおすすめの一冊です。 

 

経済学としてのディズニー 

ディズニーリゾートの経済学

ディズニーリゾートの経済学

 

『7つの法則』が経営論の本であるのに対して、こちらは経済学の立場からディズニーパークについてまとめられています。

 

著者は経済学の立場からディズニーを分析している、粟田房穂さん。この本以外にも、これまで多くの著作を世に出しています。この本が一番新しいということで、ここでは紹介しました。

 

東京ディズニーリゾートの最新情報をもとにしながら、経済学の立場で分析しています。「どうしてディズニーは儲かっているのか」単純に気になる方にはおすすめですね。

 

企業会計としてのディズニー 

ディズニー魔法の会計

ディズニー魔法の会計

 

東京ディズニーリゾートを運営しているオリエンタルランドの会計書類から、その裏側を詳しく分析している一冊です。小説タッチになっていますので、とても読みやすいのが特徴的ですね。

 

内容ごとに分かりやすくまとめられていますし、ディズニー社へのロイヤリティーや、オリエンタルランドの株価の適正水準など、目からうろこの話がたくさん載っています。「数字が苦手」という方にもおすすめです。 

 

ディズニーの顧客満足度の秘密 

ディズニー こころをつかむ9つの秘密

ディズニー こころをつかむ9つの秘密

 

オリエンタルランドで長年、マーケティングに携わった渡邊喜一郎さんがまとめた一冊です。東京ディズニーランドの開園前から現在に至るまで、ディズニーとオリエンタルランドがどんなマーケティングを行ったのかが、詳しく解説されています。

 

ただ情報が古いのが難点でしょうか。当時のことを知る手がかりとしては、とても勉強になる一冊ですね。 

 

東京ディズニーランド誘致について知るには

海を超える想像力―東京ディズニーリゾート誕生の物語 (ディズニーストーリーブック)

海を超える想像力―東京ディズニーリゾート誕生の物語 (ディズニーストーリーブック)

 

まずはこの一冊。オリエンタルランドで長年経営に携わり、今でもCEOとしてトップに君臨している加賀見俊夫さんがまとめた本です。

 

オリエンタルランドの誕生から、東京へのディズニーランド誘致、そして東京ディズニーリゾートの誕生までについて、一人の社員の立場から細かくまとめられています。東京ディズニーリゾートの歴史を知るためには、欠かせない一冊だと思います。 

 

東京ディズニーランドをつくった男たち (ぶんか社文庫)

東京ディズニーランドをつくった男たち (ぶんか社文庫)

 

こちらは文庫本なのですが、東京ディズニーランド誕生までの紆余曲折について、男たちのドラマに視点を当ててまとめられた一冊です。舞浜にディズニーパークがあることが、いかに奇跡的なことなのか。この一冊を読めば、数多くのドラマを経て、舞浜に造られたことがよく分かると思います。 

 

ディズニーランドが日本に来た! 「エンタメ」の夜明け (講談社+α文庫)

ディズニーランドが日本に来た! 「エンタメ」の夜明け (講談社+α文庫)

 

こちらも東京ディズニーランド誕生の裏側について、まとめられた一冊です。分量は『東京ディズニーランドをつくった男たち』と比べると、それほど多くはないので、さくっと読めると思います。

 

分量は少ないのですが、中身は新しく知ることばかりでした。特に東京ディズニーランドのスポンサー契約について、資生堂やサントリーが断ったという話は、なんとも興味深かったですね。

 

東京ディズニーリゾート暗黒の軌跡

東京ディズニーリゾート暗黒の軌跡

 

こちらは東京ディズニーリゾートに対して、少し批判的にまとめられた一冊です。あまりほかの本が取り上げないような、オリエンタルランドの暗い側面について、丁寧な取材でまとめられています。

 

ミッキーマウスは「着ぐるみ」? 

ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)

ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)

 

この一冊は松岡圭祐さんが書いた小説です。ディズニーランドを舞台に展開される、一人の若者の成長物語といったところでしょうか。バックステージも色々と描かれていますが、小説であるため実際のものとは少し変えてあります。

 

一応、架空の「オリエンタルワールド」という会社も登場します。ディズニーランドの裏側をエンターテイメントとして楽しみたい、という方にはおすすめします。ただし、夢と魔法は壊れてしまうかもしれませんが…。

 

USJの舞台裏を知りたいのなら 

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

 

東の東京ディズニーリゾートに対して、西にはユニバーサル・スタジオ・ジャパンがライバルとして君臨しています。2001年の開業以来、苦戦が続いていましたが、今ではV字回復を果たしました。そんなUSJ復活の立役者が書いたのが、この一冊です。

 

マーケティングのプロとしてUSJに招かれた森岡毅さんが、いかにUSJを立て直したのか。そして、ハリー・ポッターをどのように誘致したのか、などについて詳しく語られています。「舞浜も気になるけど、USJについても知りたい!」という方にはおすすめです。

 

おわりに

一言で「ディズニー関連資料」といっても、多種多様の本や雑誌が世の中に出回っています。

 

f:id:Genppy:20150222181407j:plain

©Disney

 

舞浜新聞ではかれこれ15年以上、ディズニー関連の資料を集めていますが、これまで語られなかった新しい事実が明らかになったり、同じ題材でも切り口が違ったりと、常に新しい発見があります。

 

舞浜新聞の場合、絶版になった資料はアマゾンのマーケットプレイスを通じて購入したり、国立国会図書館を利用したりしています。アマゾンの場合は、タイトルから新書と中古、どちらも買えるので便利ですね。

 

東京ディズニーリゾートからバスで行ける浦安市立中央図書館もよく利用します。ここは地域資料として、ディズニー関連の本や雑誌が集められています。

 

新書の場合はアマゾンで買うこともありますが、実際に見て買いたいときには、イクスピアリの中にある丸善をよく利用します。ここはディズニー関連だけではなく、洋書も充実していますので、パーク帰りによく寄っています。

 

ディズニーの世界は本当に奥深く、常に学び続けなければいけないと痛感しています。読者の皆さんもぜひ、簡単な本からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

f:id:Genppy:20150222181440p:plain

©Disney

 

関連リンク