読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞浜新聞

東京ディズニーリゾートなどのディズニーパークをはじめとして、ディズニーに関する様々な情報をお伝えします。



東京ディズニーリゾートを貸し切りたい!一体いくらかかるの?

東京ディズニーリゾートの雑学

毎日多くの人で賑わっている東京ディズニーリゾート。アトラクションには長い行列、レストランやショップもいつも混雑…。

 

「もしパークを貸し切りできたら」そんな思いがふと頭の中に浮かびます。では、パークを貸し切るには、一体いくらかかるのでしょうか。

 

f:id:Genppy:20120101172405j:plain

©Disney

 

3時間の完全貸切「プライベート・イブニング・パーティー」

東京ディズニーリゾートでは、企業や団体向けに貸し切りプログラムを用意しています。ただし、パークを一日丸ごと貸し切ることはできません。

 

パークを完全に貸し切りできるプログラムは「プライベート・イブニング・パーティー」午後7時半から午後10時半までの3時間を、専用チケットを持った人しか入園できない貸切営業とすることができます。実施できるのは、基本的にはパークの閑散期に当たる1月・2月の通常営業日となります。

 

では、この貸し切り営業、一体いくらかかるのでしょうか。

 

プライベート・イブニング・パーティーの場合は、客数が4,000名以上いないと開催することができません。また一人当たりのチケット料金は5,600円となっています。つまり最低でも2,240万円が必要となるのです。

 

ちなみにこの貸し切り営業、アトラクションやレストランなどの運営経費は含まれていますが、パレードやショーといったエンターテイメント・プログラムの費用は含まれていません。いわゆる「オプション料金」となります。

 

エンターテイメント・プログラム以外にも、貸し切り営業だけのパレードやショーの開催、ガイドブックや記念品といったオリジナルグッズの配布などもオプションとなりますので、実際には、2,240万円よりもかなり高額な料金になると思われます。

 

東京ディズニーリゾートにはオフィシャルスポンサー制度があります。アトラクションやショップ、レストランのスポンサーになっている企業は、販売促進のキャンペーンで貸し切り営業のチケットを懸賞の景品として使うことが認められています。ただし、スポンサーだからといって、無料で貸し切り営業を行うことはできません。

 

f:id:Genppy:20141223115503j:plain

毎年12月に行われるJCBによるランド貸し切り営業。2015年は14,000人が招待されます。JCBはオフィシャルスポンサーのため、チケット料金は多少値引かれているとは思いますが、単純計算で7,840万円かかっていることになります。

 

パークの完全貸し切りはかなりの高額ですが、それでも毎年オフィシャルスポンサーをはじめ、様々な企業・団体による利用があります。それだけ東京ディズニーリゾートが魅力的な場所だと言えるでしょう。「東京ディズニーランドの貸し切りにご招待!」なんて言われたら、誰でも行ってみたくなりますよね。

 

閉園時間の延長「マジカル・ファンタジー・パーティー」

もう一つ、パークの貸し切りプログラムとして「マジカル・ファンタジー・パーティー」もあります。こちらは一般客もいる午後2時から入園することができ、午後8時から午後10時までは貸し切り営業となります。

 

ただし、こちらは完全貸し切りではなく、一般客もパークに入園しています。マジカル・ファンタジー・パーティーの開催日は、通常営業は午後8時で終了となり、この時間以降は通常チケットによる入園や当日券の購入はできません。ただし、午後8時よりも前に入園している客が追い出されることはないのです。

 

では、マジカル・ファンタジー・パーティーは一体いくらかかるのでしょうか。

 

マジカル・ファンタジー・パーティーは参加人数によって料金が変わってきます。最低7,000名以上の開催で、一人5,600円、ただし15,000名以上の開催ですと5,200円となります。最低3,920万円が必要になる計算ですね。

 

プライベート・イブニング・パーティーが3時間のみであるのに対して、マジカル・ファンタジー・パーティーは午後2時から午後10時までの8時間入園することができます。また特定日を除き通年で開催が可能ですので、こちらを利用する企業・団体もいくつかあります。

 

ただしマジカル・ファンタジー・パーティーと同様に、貸し切り営業だけのパレードやショーの開催、ガイドブックや記念品といったオリジナルグッズの配布などもオプションとなっています。

 

お手軽に楽しめるパーティープログラムも

「パーク全体を貸し切れるほどのお金はないよ…」という企業や団体は多いと思います。そんなところのために、東京ディズニーリゾートはパーティープログラムも用意しています。

 

一つは「会食プラン」。東京ディズニーシーのレストランの一部を貸し切り、スペシャルメニューを楽しめるプランです。こちらは25名から、最大230名までの利用が可能です。

 

食事のみですと「マゼランズ(ランチ・ディナー)」もしくは「ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ(ランチのみ)」が対象となり、マゼランズは一人8,020円、ミゲルズ・エルドラド・キャンティーナは一人1,490円となります。これに団体パスポートが必要となりますので、

 

  • マゼランズ 団体チケット5,800円×25名+食事代金8,020円×25名=345,500円
  • ミゲルズ 団体チケット5,800円×25名+食事代金1,490円×25名=182,250円

 

となります。

 

またグリーティング付きのディナープランもあり、こちらはミゲルズのみ対象、180名~230名で1,522,000円*1となっています。こちらも団体パスポートが別途必要となり、抽選会で使う商品の代金もかかります。

 

もう一つは「パーク・ファン・パーティー」。こちらはパーク内の施設を約1時間貸し切って、抽選会やキャラクターのグリーティングを行えるプログラムです。

 

以下はその料金表です。

 

東京ディズニーランド

  • ショーベース 2,030,400円(ショーバージョン) 939,600円(グリーティングバージョン)
  • トゥモローランド・テラス 864,000円(ショーバージョン) 669,600円(グリーティングバージョン)
  • ザ・ダイヤモンドホースシュー*2 954,000円(ショーバージョン) 748,800円(グリーティングバージョン)

 

東京ディズニーシー

  • ブロードウェイ・ミュージックシアター 2,030,400円(ショーバージョン) 939,600円(グリーティングバージョン)
  • ケープコッド・クックオフ 864,000円(ショーバージョン) 669,600円(グリーティングバージョン)

 

それぞれの場所で開催人数に制限があります。開催には以上の式典料金に加えて、団体パスポートと抽選会の商品代金が別途必要となります。やはりショーバージョンですと、かなり高額になっていますね。

 

やっぱり高額に…

東京ディズニーリゾートの貸し切りプログラム。お手軽な会食プランでも、なかなかの料金になっています。それでも東京ディズニーリゾートで特別な時間を過ごしたいということで、プログラムの利用は多いです。企業や団体の皆さんには、検討の余地はあると思いますよ。

 

f:id:Genppy:20130203193217j:plain

©Disney

 

参考リンク

*1:180名以上の場合は、1名につき6,170円が追加となります。

*2:朝食が付いています。