読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞浜新聞

東京ディズニーリゾートなどのディズニーパークをはじめとして、ディズニーに関する様々な情報をお伝えします。



私をディズニーワールドに連れてって!〈準備編〉

ディズニーワールド

舞浜新聞では今年の夏にアメリカ・カリフォルニアのディズニーランドとカリフォルニア・アドベンチャーを訪れ、体験レポートをまとめました。

 

f:id:Genppy:20140824055450j:plain

©Disney

 

実はこのたび、ご縁があってアメリカ・フロリダにある世界最大のディズニーリゾート「ウォルト・ディズニー・ワールド」へ行けることになったのです。まさか同じ年に2回もアメリカを訪れることになるとは思ってもいませんでした。

 

今回はクリスマス明けの12月26日に日本を出発、12月30日に帰国というスケジュールになります。ディズニーワールドの場合、日本からですと5泊7日の日程が一般的なのですが、今回はかなりの強行日程で行くことになります。具体的なスケジュールについては、また別の記事でご紹介することにします。

 

さて、ディズニーワールドといえば、ディズニーファンにとって一度は訪れてみたい憧れの場所。今回の記事ではそんなディズニーワールド訪問に向けて、舞浜新聞がどんな準備をしたのかについて、ご紹介していきたいと思います。

 

今回は「個人手配」で準備

今回のディズニーワールド訪問は、旅行代理店のパッケージツアーではなく、すべてネット予約による個人手配で準備しました。私の場合、宿泊はディズニーバケーションクラブのポイントを使いますし、融通が利くようにしておきたかったというのもあります。

 

航空券 

航空券はJTBの海外航空券予約サイトを使いました。

 



「スカイスキャナー」などの検索サイトもあるのですが、細かな時間帯のチケットを調べられること、日本語・日本円で決済できること、なにより大手の旅行代理店でオーランドにも事務所があること、などからJTBを選びました。

 

ユナイテッド航空のシカゴ経由の便で、燃油サーチャージ込で往復一人約15万円になりました。本当はデルタ航空にしようかなと思っていたのですが、日程的な都合で断念…。どうも年末に成田ーオーランドの直行便がデルタで飛ぶようです。代理店のチャーター便か何かかな?

 

ホテル

今回はディズニーバケーションクラブのポイントを使って、「ディズニー・サラトガスプリングス・リゾート&スパ」に3泊することにしました。どうして「サラトガ」かというと、ポイント数が少なくて済むからです。

 

本当はフロリディアンやコンテンポラリーのベイレイクタワーに泊まりたいなあ…なんて思っていたのですが、それはまた別の機会に取っておくことにします。

 

f:id:Genppy:20120305231559j:plain

ディズニー・グランド・フロリディアン・リゾート&スパ ©Disney

 

サラトガは、ディズニーワールドにあるバケーションクラブのヴィラの中でも、比較的少ないポイントで泊まることができます。今回は3泊で75ポイント。フロリディアンで同じ日程だと103ポイント、ベイレイクタワーで83ポイントですから、今回はちょっと節約できました。

 

ホテルを個人手配したときに忘れがちなのは、オーランド国際空港とホテルとの往復送迎。今回はバケーションクラブから「ディズニーマジカルエクスプレス」の予約をしました。これはディズニー直営のリムジンバスです。代理店の格安ツアーでホテルから空港までの送迎がない!という方は、フロントで帰国前日でもバスの申し込みができますよ。運賃は無料です。

 

パークチケット

個人手配ですので、パークチケットはディズニーの公式ウェブサイトで購入しました。

 



ディズニーワールドの場合、直営ホテルに宿泊すると「マジックバンド」と呼ばれるリストバンド型のルームキーを渡されます。実はこれ、パークチケットやファストパスとしても使えるという優れものなのです。

 

今回はサラトガの宿泊にパークチケットのデータを結び付けておきました。ディズニーワールド独自のサービス「MyMagic+」については、また別の記事で解説したいと思います。

 

そのほか海外で必要なものの準備

海外(今回は米国)へ行くときに必要なものをざっと挙げると、以下のようになると思います。

 

  • 旅券(パスポート)
  • ESTA
  • レンタルWiFi
  • 海外旅行保険

 

ESTAは一度申請すると2年間有効です。旅行代理店の中には手数料を取って、申請を代行してくれるところもあるようですが、ネット環境とクレジットカードさえあれば日本語で申請ができますので、ご安心ください。

 

ビザサービス | 米国大使館 東京・日本

 

ディズニーワールドや直営ホテルでは無料でWiFiを利用することができます。ただ通信速度に不安が残るため、今回は海外用のレンタルWiFiを用意することにしました。

 

今回はユニバーサルも…

今回かなりの強行日程にもかかわらず、同じオーランドにあるユニバーサルスタジオにも行くことにしました。どうしてもホグワーツ特急とダイアゴン横丁が見たくて…。

 

通常は代理店のオプショナルツアーを申し込んで行くと思うのですが、今回は往復の送迎とパークチケットも個人手配で準備しました。

 

ホテルからパークまでの送迎は「ミアーズ」というタクシーを予約、パークチケットはユニバーサルの公式ウェブサイトで購入しました。ユニバーサルの場合は大阪と同様に、別売で「エクスプレスパス」を買うことができます。これはディズニーのファストパスの有料版ですが、ハリーポッターのアトラクションが対象外ということで、今回は買いませんでした。

 

Orlando | Mears

 

Theme Park Tickets and Information for Universal Orlando Resort

 

ここまでが、今回のディズニーワールド訪問に向けての準備です。今後は詳しい日程やディズニーワールド独自のサービス「MyMagic+」 についてもご紹介していく予定です。

 

f:id:Genppy:20141122215205j:plain

©Disney

 

こちらの記事もどうぞ