読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞浜新聞

東京ディズニーリゾートなどのディズニーパークをはじめとして、ディズニーに関する様々な情報をお伝えします。



秘密のレストラン「クラブ33」ってどんなところ?

東京ディズニーリゾートの雑学

「東京ディズニーランドには、選ばれた人しか入れない秘密のレストランがある」

 

こんな話を聞いたことがありませんか?どうも都市伝説のようにも聞こえますが、東京ディズニーランドには会員制のレストランが実在します。その名前は「クラブ33」今回はそんな秘密のレストランについて、読者の皆さんの疑問にお答えしたいと思います。

 

f:id:Genppy:20150725171135j:plain

©Disney

 

「クラブ33」ってなに?

クラブ33とは、先ほども触れたように東京ディズニーランドの園内にある会員制のレストランのことです。

 

f:id:Genppy:20140413131013j:plain

パークの中にひっそりとある「クラブ33」©Disney

 

一般のゲストが利用することはできません。実はガイドマップにクラブ33はのっていないのです。スポンサーラウンジと同じように、基本的には非公開の施設となっています。しかし小説『ミッキーマウスの憂鬱』にも登場するなど、最近では知っている方が増えてきました。

 

どこにあるの?

クラブ33はワールドバザールの2階、ちょうどホームストアの上にあります。「れすとらん北斎」の反対側のイメージでしょうか。かなり広いスペースを占めています。

 

f:id:Genppy:20140413131134j:plain

ホームストアの2階、日中はレースのカーテンで閉め切られているスペースが「クラブ33」となっている。©Disney

 

入り口は三井住友銀行の出張所とマジックショップの間にあります。非公開の施設ですので、キャストさんの中にはその存在を知らない人もいます。

 

f:id:Genppy:20140413131026j:plain

©Disney

 

どうやって入るの?

もちろん会員制のレストランですので、いつも扉は閉まっています。利用する場合はインターホンを押して、中のキャストに扉を開けてもらいます。

 

個人でクラブ33の会員になっている方もいますが、入会金・年会費ともに高額で*1、持っている方は非常に限られています。会員制のレストランですので、むやみやたらに数を増やしたくないのでしょう。現在の会員数は約500人とも言われています。

 

また法人会員の制度もあり、こちらはパークのオフィシャルスポンサーやパーク建設に関わった大手ゼネコン、パークのグッズを製造している企業などが入っています。企業がプライベートパーティーをクラブ33で行うことも珍しくありません。一般には非公開の施設ですので、スポンサーラウンジと同様に、取引先の接待に使われることも多いです。

 

会員からの紹介があれば、自分が会員でなくても利用することはできます。会員の方に自分の名前で予約をしてもらえばいいのです。これは法人会員の場合も同じです。クレジットカードの中には「予約が取れないレストランでも予約できます!」といったコンシェルジュサービスをうたっているところもありますが、当然クラブ33は予約できません。

 

施設はパーク内にありますので、当然パークチケットが必要になります。メンバーの方に予約だけをしてもらった場合には別途チケットを買う必要がありますが、メンバーの方と一緒に行く場合は「クラブ33メンバーズパスポート」を発行してもらうことができます。これは無料で入園できるというものです。といっても、年会費の中に含まれていますから当然でしょう。

 

中はどうなってるの?

インターホンで中のキャストに名前と予約時刻を伝えると、扉を開けてくれます。もちろん予約した本人かどうかの確認もされます。

 

中に入ると、まずエントランスホールがあります。ここにはクロークがあり、上着やコートを預けることができます。荷物を預けたらいよいよ2階へ。2階へは階段かエレベーターを使います。

 

2階に上がると、まずはラウンジ。クラブ33のオリジナルグッズのショーケースも置かれており、待っている間に見ることもできます。しばしラウンジで待っていると、奥のダイニングルームへ案内される仕組みです。ダイニングルームからはパークを一望することができます。

 

サービスはどうなってるの?

料理はフランス料理のコースとなっています。ランドではアルコールを販売していないのですが、ここだけはアルコールも提供されています。ランチとディナーでそれぞれコースが用意されており、お茶だけの利用も可能です。コースは複数の中から予算に合わせて選ぶことができますし、事前に予約することもできます。

 

レストランからパレードを鑑賞することもできます。夜のパレードでは店内の照明が落され、パレードをちょうど見下ろすことができるのです。もちろん、花火も見ることができます。ただしパーク内の音楽はあまり聞こえません。

 

一方で日中は窓がレースのカーテンで締め切られており、見晴らしはあまりよくありません。これは外からクラブ33の中を見えにくくするためでしょう。

 

f:id:Genppy:20140413194229j:plain

夜のパレードが始まると照明が消され、キャストがカーテンを開けてくれる。まさに「特等席」といったところか。(画像は一部を加工しています)©Disney

 

先ほども触れましたが、クラブ33ではお土産品として、プレートやカップ、タオルといったオリジナルグッズが販売されています。当然ですが転売目的での購入は禁止されており、グッズには購入制限もあります。一度に大量に購入することはできません。

 

バースデーコースでは料理の後にミッキーが誕生日のお祝いをしてくれます。バースデーケーキとともに特別室でミッキーを独り占めできるということで、かなり人気のコースになっていますよ。もちろん組数限定です。

 

以前は利用した日と名前入りのマッチをもらうことができました。しかし最近の禁煙の流れを受けて、中身がマッチからキャラクターのシールに変わっています。パッと見るとマッチに見えるのですが、開けるとシールになっているのです。シールにはミッキーのほかにも、ミニーやドナルド、プルート、グーフィーなどのビッグ5のキャラクターが使われています。

 

「秘密のレストラン」ということで、値段もパーク内のレストランと比べると高めに設定されています。しかし都内の高級フランス料理店やホテルのレストランと比較しても、値段に見合った素晴らしい料理とサービスを提供してくれます。ちなみにキャストさんに言えば、ミッキーやミニーをイメージしたナプキンの折り方を教えてくれますよ。

 

車でパークへ行かれる方は、駐車場のゲートで「クラブ33を利用します」と言うとパークに近い場所に駐車することができます。このあたりもVIP待遇になっています。

 

海外のパークにはあるの?

実はクラブ33があるのは東京のパークだけではありません。アメリカ・カリフォルニアのディズニーランドにも「クラブ33」はあります。

 

f:id:Genppy:20140827065450j:plain

アナハイムのディズニーランドにある「クラブ33」©Disney

 

こちらはウォルト・ディズニーが自分の客人をもてなすために作られたものです。ウォルトがなくなった後に、会員制のレストランとなりました。クラブ33の名前の由来は、この施設があるニューオーリンズ・スクエアでの番地が「33番地」だったから。会員の新規募集は長らく行われていませんでしたが、2012年5月から再開されています。しかし、希望者が多く順番待ちをしている状態です。

 

カリフォルニアのクラブ33と東京のクラブ33は名前は同じでも別の施設ですので、会員が相互のクラブを利用することはできません。つまり、カリフォルニアの会員になっても、東京では入れないのです。

 

ちなみに入会金は25,000ドル(約250万円)、年会費は10,000ドル(約100万円)となっています。こちらも東京と同様に高額ですね。ただし入会金・年会費は年によって変わる場合があります。

 

さいごに

クラブ33は「非公開」の施設ながら、人づてに紹介してもらって利用する方が増えてきました。また、小さな子どもを連れた家族が利用するケースも増えてきました。以前よりも混雑しやすくなっているのは事実です。

 

また、2013年から、クラブ33の店内や料理の写真をSNSなどにアップロードすることは禁止されました。オリエンタルランドとしても、あくまでも非公開の施設ですので、情報が外に出ることを避けているのだと思われます。ルールと節度を守った利用を心掛けたいですね。

 

f:id:Genppy:20140413190855j:plain

暗闇に浮かぶクラブ33。ホームストアは改修工事の終了直前だったため、営業していない。©Disney

 

ちなみにトゥーンタウンには「クラブ33 1/3」という札がつけられた扉があります。こちらは、単なるギャグではなく、れっきとした講談社のスポンサーラウンジです。こちらも一般の利用はできず、講談社関係者からの紹介や招待がないと入ることはできません。

 

f:id:Genppy:20140414002424g:plain

©Disney

 

こちらのラウンジはミートミッキーに待ち時間なしで入ることができます。皇太子ご一家が東京ディズニーリゾートを訪れた際、ここのラウンジで休憩されてからミッキーにお会いしたという話は有名です。

*1:1998年当時で入会金30万円・年会費10万円となっていました。現在は金額が変わっていると思われます。