読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

舞浜新聞

東京ディズニーリゾートなどのディズニーパークをはじめとして、ディズニーに関する様々な情報をお伝えします。



「ディズニーバケーションクラブ」ってなに?

バケーションクラブ

「ディズニーバケーションクラブ」という名前を見たことがある方は、多いのではないでしょうか。しかし、具体的にどんなものかを知っている方は、意外と少ないと思います。

 

今回の記事では、ちょっと知名度が低い「ディズニーバケーションクラブ」について、読者の皆さんに分かりやすくご紹介したいと思います。

 

f:id:Genppy:20160812070241j:plain

©Disney

 

ディズニーのホテル会員権

ディズニーバケーションクラブとは、平たく言うとディズニーが運営しているホテル会員権のことです。

 

まずディズニー側は、ホテルの部屋の不動産所有権を、何人かに分けて販売します。その分をポイントとして毎年発行することで、メンバーは持っている部屋以外のホテルにも、そのポイントを使って宿泊できる、というものです。

 

ポイントは自分が所有している物件以外にも、バケーションクラブのヴィラや世界各地にあるディズニーリゾートのホテル、提携先のホテルの宿泊などに使うことができます。もちろん、東京ディズニーリゾートのディズニーホテルでも使うことができます。

 

f:id:Genppy:20160815093258j:plain

©Disney

 

ホテルの宿泊以外にも、ディズニーが運営している豪華クルーズ「ディズニークルーズライン」や、ディズニーのパッケージツアー「アドベンチャー・バイ・ディズニー」でもポイントを使うことができます。

 

部屋の不動産所有権をみんなで分け合う仕組みを「タイムシェア(Timeshare)」と呼んでいます。アメリカでは有名な仕組みなのですが、日本ではまだまだ浸透しているとは言えません。

 

従来のリゾートマンションが一つの部屋に一人のオーナーなのに対して、タイムシェアは一つの部屋を多くのオーナーで分け合います。自分が使わないときには、ほかのオーナーや一般客が部屋を利用します。清掃や定期的なメンテナンスはディズニーが行うため、オーナーは年間管理費を支払うだけで済むのです。

 

メンバーになるためには、どうすればいいの?

バケーションクラブでは、販売している物件のモデルルームを見たり、契約したりすることができる「プレビューセンター」を設けています。

 

 

多くのディズニーファンが訪れている、ハワイ・オアフ島の「アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ」にも、プレビューセンターがあり、こちらでは日本語で説明を聞いて、契約することができるようになっています。また、ワイキキショッピングプラザの中にもプレビューセンターがあります。

 

ちなみに、バケーションクラブは、複数の名義で購入することも可能です。家族全員で所有権を分け合う、なんてこともできるのです。

 

いくらかかるの? 

部屋の不動産所有権を買うのですから、当然初期費用は高額になります。為替相場やそのときのキャンペーンなどによって価格は変わってくるのですが、最低100ポイントから購入することができます。そして購入した分のポイント(=不動産所有権)を毎年受け取ることができるのです。

 

購入するポイントは米ドルで計算されます。家族構成や一年間にどれくらいの期間旅行できるのか、宿泊先のホテルの部屋の大きさ、これからの人生設計などを考慮して、営業担当のキャストさんと何ポイント購入すればいいのかを相談します。

 

向こうも高いポイントを提示しても、買ってくれないことは知っていますので、こちらの身の丈に合ったポイントを提示してくれます。

 

ポイントの価格以外にも、税金などの諸費用が発生します。初期費用以外にも、毎年ポイントに応じて「年間管理費」がかかります。この管理費には施設を利用したときのクリーニング代や固定資産税、今後の施設修繕のための積立金などが含まれています。施設は老朽化していくため、年々管理費は上昇する仕組みです。

 

ポイントは施設完成から50年間、受け取ることができます。つまり買ってからいつまで、というわけではありませんし、永久にポイントが受け取れるわけではありません。ただし、リスク管理という意味では期間が区切られているほうが安心かもしれません。

 

ちなみに、他人に自分のポイントを使って部屋を貸して、その分を金銭で受け取ることは禁止されています。あくまでも個人が利用するためのもので、不動産投資ではありません。

 

本当にお得なの? 

営業担当のキャストさんは「今まで払っていたホテル代が資産になるんですよ」「これまで領収書しか残らなかったのが、ポイントとして毎年受け取れるんですよ」などとセールストークを並べてきます。

 

タイムシェアは「ホテル代が節約できる」「子孫に継承できる財産」といったうたい文句がありますが、毎年まとまったお休みがきちんと取れて、ある程度金銭的に余裕がある方でないと厳しいと思います。使わなくても年間管理費は毎年発生しますからね。

 

うまく使えばもちろん元は取れますが、年々上がっていく管理料は気になりますね。それでも「海外のディズニーパークに毎年行く」「バケーションクラブのヴィラに泊まりたい」「家族の人数が多い」という方には、ぜひおススメします。

 

f:id:Genppy:20160812154513j:plain

©Disney

 

メンバーになると、どうなるの? 

最初に購入したポイントが毎年発行されますので、手持ちのポイントをどのように使うのかを考えなくてはいけません。バケーションクラブのヴィラの部屋はコンドミニアムタイプになっており、大人数で長期間宿泊できるようになっています。キッチンや洗濯機・乾燥機がついている部屋も用意されています。

 

ポイントは一年間単位で発行されますので、もちろん有効期限があります。しかし、一年間に限って繰り越しが可能で、足りない分は前借りしたり、現金でポイントを購入したりすることもできます。

 

ディズニーホテルにポイントを使って宿泊する場合、バケーションクラブのヴィラと比べて、必要となるポイントが多いことにも注意が必要です。バケーションクラブの日本人メンバーの方の中には、舞浜のディズニーホテルでポイントを使っている方も多いのですが、ちょっともったいないですね*1

 

ホテルの予約はメンバーサービスに電話するか、公式ウェブサイトで行います。自分がメンバーになっているホテルを「ホームリゾート」と呼ぶのですが、ホームリゾートはそれ以外のヴィラ・ホテルよりも早く予約することができます。

 

そのため、お盆や年末年始などはホームリゾート、それ以外のお休みは別のホテルというように、使い分けしている方も多いですね。

 

いくらメンバーだからといっても、必ず予約が取れるわけではありません。キャンセル待ちも受け付けていますが、早めに予約する必要があるでしょう。ここは通常の宿泊予約と同じです。

 

先ほども触れましたが、メンバーになると年間管理費の支払いが必要になります。年間管理費の中には固定資産税や今後の施設修繕のための積立金など、すべての諸経費が含まれていますので、これ以外に支払うものはありません。ポイントを使うときにも、一切支払うものはありません*2。 

 

メンバー向けの情報誌である「ディズニー・ファイル・マガジン」が年4回送られてきます。これにはバケーションクラブの新しいリゾートや、海外のディズニーパークの情報などが載っています。ちなみに、米国向けに発行されていますので全ページ英語です。 

 

f:id:Genppy:20140113084644j:plain

オーナー向けの情報誌である「ディズニー・ファイル・マガジン」©Disney

 

メンバーになると会員証が発行されます。これを見せると、ディズニーパークなどで割引サービスを受けることができます。ただし、東京ディズニーリゾートではメンバー向けの割引サービスは一切ありません。 

 

年に1回、メンバー向けの総会の案内が送られてきます。これは株主総会と同じで、年間管理費の金額などを決定するための重要な会合です。ただし、日本の場合はかなりギリギリになってから案内が送られてきますので、日本人メンバーの方で参加される方は非常に少ないです。

 

所有権が不要になった場合、売ることも可能です。ただし、タイムシェアの所有権は一般的に、売ることが難しくなっています。これは他人から買う場合と、直接売主から買った場合で受けられるサービスが違うためです。バケーションクラブの場合、売却を仲介してくれますので、営業担当のキャストさんに相談しましょう。

 

さいごに

ここまで「ディズニーバケーションクラブ」について、その内容や仕組み、いくらかかるのかなどの基本的なことについて見てきました。大きな買い物になりますので、あくまでも慎重に、でも本当に欲しい方は躊躇せず購入することをお勧めします。

 

f:id:Genppy:20160815091437j:plain

©Disney

*1:東京ディズニーリゾートのディズニーホテルの場合、1月1日・12月31日の予約不可、ランドホテルのパークビュー・パークグランドビューは予約不可となっています。

*2:アウラニ・ディズニー・リゾート&スパの場合は、1泊ごとにハワイの宿泊税がかかります。